Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップル iPhone 12(仮)発表イベントは10月13日、日本時間14日午前2時から。新機種予測まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Engadget 日本版

アップルがスペシャルイベントの開催を予告しました。日程は10月13日。前回の第4世代iPad Airおよび新型Apple Watchが発表されたイベントから、約1ヶ月後のことになります。 今回は次期フラッグシップiPhone 12(仮)シリーズの発表が確実視されています。その内訳は、おそらく前年のiPhone 11シリーズをしのぐ画面サイズ3種類/4モデル。そのうち背面カメラが2つのエントリーモデルが5.4インチおよび6.1インチ、高価で背面カメラが3つのProモデルが6.1インチおよび6.7インチの2つとの予測が主流となっています。

キーノートプレゼンの開始は現地時間で朝10時、日本時間では翌14日の午前2時から。Engadget 日本版では例年通りリアルタイム速報でお伝えします。 ちなみに英語版の案内状はこちら。「速報です」が「Hi,Speed」となっています。 ではiPhone 12シリーズはどのような特徴を備え、前年のiPhone 11シリーズからどう進化を遂げているのか? これまで届けられてきた噂話をざっと振り返ってみましょう。

新iPhone 4機種の製品名

iPhone 12シリーズの構成は、上記の通り5.4インチ/6.1インチ/6.7インチとの予想がもっぱらです。その製品名はどうなるかといえば「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」との見方がほぼ固まりつつあります。 ハイエンド機に「Pro」と命名するのは前年のiPhone 11シリーズの前例を受け継ぐもので、大型モデルに「Max」と付け、比較的安価なエントリーモデルは接尾語なしとするのは一昨年からのルールに沿っています。 そしてiPhoneとしては初登場の「mini」は、iPad miniやMac miniなどにも見られたもの。中間サイズのiPhone 12/12 Proよりも小さく、iPhone 12 Pro Maxと対になる「最大と最小」の位置づけも見えやすいはず。

【関連記事】