Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スマホを使うシニアが狙われる!? 巧妙化するネット詐欺、SNSにも要注意

配信

LIMO

シニアを狙う代表的な詐欺は「振り込め詐欺」です。これは各家庭の固定電話にかかってくることが多いため、固定電話をスマートフォン(以下、スマホ)に切り替えることで標的になる確率を減らすことができるとも言われます。 しかし、最近ではスマホを利用するシニアが騙されるネット詐欺も横行しているようです。どのような手口があり、何に注意すれば良いのでしょうか。

スマホ利用に積極的なシニアを取り巻くリスク

株式会社NTTドコモでは今年3月、『シニアの「ネットトラブル」のリスク調査』を行っています(全国のスマホを所有する60~79歳の男女300人が対象)。 同調査によると、自分が「スマホを積極的に使用している」と思う人が約8割(78%)、「現在使用している(定期的に閲覧または投稿している)SNS(ソーシャルネットワークサービス)やメッセージアプリがある」という人は6割以上(66%)となっています。 また、調査対象者のうち子どもがいるシニア(239人)に、「息子・娘が想像しているよりも、スマホを活用していると思いますか?」という質問に「そう思う」と回答した人も6割超(64%)いました。 一方、「ネット詐欺」と思われるものに遭ったことがあるかを聞いた結果は次の通りです。  ・4人に1人(25%)が「フィッシングメール※を受け取ったことがある  ・約5人に1人(21%)が「フィッシングSMS※(ショートメッセージサービス)を受け取ったことがある」  ・約7人に1人(15%)が「利用した覚えのないサイト・サービスからの請求を受けたことがある」 ※銀行、カード会社、オンラインサービス、芸能人などの名を騙った詐欺メールやショートメッセージサービス 加えて、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSに顔写真や自宅近所の風景などをアップしたことで個人情報が特定され、自宅に空き巣が入るなどの被害につながった例もあるといいます。 同調査で「SNSを利用したことがある」と答えた219人に投稿内容について聞いたところ、「近所の店舗や風景の写真を投稿したことがある」は約5人に1人(23%)、「自分や友人の顔写真を投稿したことがある」は約6人に1人(17%)。 特に男性の方が顔写真を投稿する人の割合が高く、女性が9%であるのに対して、男性では24%という結果でした。 さらに、「インターネット上で何かを買うことがありますか?」という質問には、半数近くの47%が「よくある」と回答しています。 男女別では、「よくある」という男性が51%、女性は43%で、シニア男性がネットショッピングにより積極的だという結果でした。ここにも架空のECサイトで買い物をしてしまい、商品が届かないという詐欺に遭うリスクがあります。 このように、シニアがスマホ利用するにあたってはさまざまな罠が存在するのです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO