Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【即完売でプレミアム化!?】“TIMEX Q(タイメックス キュー)”が、新色2モデルを引き連れて再販開始!

配信

ウオッチライフニュース

青赤ツートンカラーが抜群の存在感、“Q TIMEX”を完全復刻

 1854年に創業し、165年以上の歴史を持つタイメックス。1990年代に人気を博したアナログウオッチ“サファリ”を筆頭に、アメリカ軍最初期の軍用時計となった“ミジェット”、50年代半ばに登場した防水時計“マリーン”など、近年、続々と過去の名品を復刻している。今回発表された“タイメックス キュー”も、過去の名品がデザインの源泉となっている完全復刻モデルだ。

 ベースとなったのは79年に発売されたクォーツウオッチ“キュー タイメックス”。アルマイト加工で赤と青に塗り分けられたツートンカラーの回転式ベゼル、コインを使ってユーザー自身で電池を交換できるハッチ・ケースバック構造、織り込みによるスチールブレスなど、アイコニックなディテールを往年の名作から継承しており、新作でありながら、まるで当時のデッドストックモデルであるかのような、なんともレトロな雰囲気を醸し出している。  実は、青赤の通称“ペプシベゼル”を採用したモデル(TW2T80700 )は2019年5月に本国アメリカの公式サイトで先行発売されているのだが、即完売で渇状態を起こしたことでその後、プレミアム価格化。日本でも抽選販売、即完売でコレクターズモデルとなったことが話題となった。

 実は、青赤の通称“ペプシベゼル”を採用したモデル(TW2T80700 )は2019年5月に本国アメリカの公式サイトで先行発売されているのだが、即完売で渇状態を起こしたことでその後、プレミアム価格化。日本でも抽選販売、即完売でコレクターズモデルとなったことが話題となった。  今回、タイメックス公式オンラインストア、オンタイム・ムーヴ公式オンラインストア、チックタック公式オンラインストアで5月30日(土)から前述した“ペプシベゼル”を採用したモデル(TW2T80700 )が再販されることに加えて、ブラック×グリーンとブルー×オレンジの2モデルが新作として登場。前回の入荷時と同じく即完売も予想されるため、狙っていた人は、すぐにチェックしたほうが得策といえるだろう。

【関連記事】