Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イタリアの名門シャツブランド、「バグッタ」をご存知ですか?

配信

LEON.JP

柄シャツ人気の今春こそ、バグッタを楽しむ好機!

1975年に設立されたバグッタ。1939年に創業したイタリアファッション界の名門CIT社が手がけるブランドらしく、長い歴史で培った技術を用いたドレスシャツは高い評価を得ています。 【鉄板】大人の財布、傑作4選。ジミーチュウ、トッズ、コーチ、バリー 展開するコレクションは、3つのラインに分かれます。最高級ドレスラインの「ファースト ドレッシング チョイス」、マシンメイドの最高峰を自負する「ミラノ」、そしてカジュアルラインの「ザ シャツ」。今回ご紹介するのはザ シャツの新作です。 マシンメイドを採用する同ラインは、カジュアルシャツといってもその作りにはドレスで培った技術が落とし込まれています。もちろん、カジュアルシャツはドレスほどのストイックさは求められませんが、春夏はシャツイチで着るだけにシルエットの良し悪しがむしろ目立つもの。余白のないドレスシャツ作りの技術を生かさずして、理想的なシルエットは実現できません。ボタンに白蝶貝を使用している辺りにも、ドレスの面影が見えます。 一方で、バグッタはカジュアルにおけるトレンドに敏感なことでも有名。今シーズンは、総柄や太ストライプなど遊びの効いた柄シャツがトレンドですが、バグッタも絶妙にツボを押さえたラインナップを披露しています。 バグッタが人気なのは、熟練の仕立て技術とトレンドを捉えた柄使いを両立しているからなんですよね。

今年買うなら、こんな総柄が気分です

70年代ムード漂うこちら。オープンカラーと総柄デザインが相まって、リゾートスタイルがトレンドの今シーズンにぴったりな1枚に仕上がっています。柄は、アーカイブから復刻させたもの。カラーリングも然り、ヴィンテージな雰囲気を楽しませます。

意外にも振り幅広く着こなせます

緻密なヒダに技術力が見て取れるブザムシャツ。セミフォーマルに着こなすのはもちろん、モードに合わせたりバンドカラーを生かしてカジュアルに合わせても良し。ドレス、モード、カジュアルと、振り幅広いラインナップを有しているのも、バグッタの魅力です。

スタイルを決定づける、ディテールにも注目を

今シーズン注目の太ピッチストライプ。こんな1枚は、まさに理想的です。オープンカラーをはじめ、ボックスシルエットにフラップ付き胸ポケット、腕まくり用のタブ&ボタンなど、トレンドのリゾートスタイルにぴったりなデザインが随所に見て取れます。

【関連記事】