Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芸能人もコロナ自粛、市村正親と賀来賢人の過ごし方は?

配信

NEWS ポストセブン

 新型コロナの影響は芸能界にも大きな打撃を与えている。テレビではドラマの撮影延期やバラエティーの収録中止が相次ぎ、舞台や映画も軒並み上演・上映が先送り…仕事が激減するなか、芸能人たちはそれぞれが意外な“自粛生活”を送っていた。 【写真】子供との時間を楽しんでいる賀来賢人

 篠原涼子(46才)は、この4月期に大ヒットドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編に13年ぶりに主演するが、いまは放送開始日が見えない状態に陥っている。

「2児の母である篠原さんは、夫の市村正親さん(71才)の協力があって撮影に臨めているそうです。ドラマの撮影は休止になりましたが、市村さんも出演予定だった自身のミュージカル公演が延期になったこともあり、連日、パパとして奮闘しています」(芸能関係者)

 4月上旬、市村が自宅近くの歩道で次男(8才)に自転車の練習をさせている姿があった。

「お子さんの自転車の補助輪を外す練習をしていたようです。下り坂で、市村さんは息子さんの自転車を後ろから一生懸命支えていました。あの日は安倍首相が緊急事態宣言を出す前日。少しでも練習させてあげたかったんでしょうね」(近隣住民)

 忙しい妻の代わりに、もともと息子の面倒を見る機会が多いという市村だけに、近所ではよく見かけられる光景だという。

 2016年に榮倉奈々(32才)と結婚、2017年に第1子が誕生した賀来賢人(30才)も子煩悩で知られるが、4月8日、ツイッターに、

《しばらく仕事はお休みです。久々に毎日チビと遊びまくれています。チビはとても楽しそうです》《しかし、昨夜、いきなり「パパ大っ嫌い」と言われました。なぜですか?》

 と子育ての悩みを投稿して話題を呼んだ。

「賀来さんは多忙な中でも家族の時間を優先するタイプ。先行きが見えない現状に多少の不安はあるでしょうが、それならばと子供との時間を思う存分楽しんでいるようです。子供と一緒に自宅近くの緑地を散歩するのが日課で、最近も『毎日お散歩ちようね』と話しかけながら歩く育メン姿を、いろいろな場所で目撃されています」(賀来の友人)

【関連記事】