Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年間「数万円」安くなる可能性も!「格安SIM」で携帯料金を下げる「3つのポイント」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。暮らしとお金の情報サイト「家計見直しナビ」とタッグを組んで、お金や保険のプロに“家計のお悩み”を相談し、日常生活におけるお金にまつわる豆知識を学ぶコーナー「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」。10月2日(金)の放送は、ファイナンシャルプランナー・飯村久美さんがリスナーの質問に答えました。

<リスナーの質問> コロナの影響で収入が減ってしまいました。そこで、現在、大手携帯キャリアと契約して月々8,000円ほど支払っているスマホ代金を見直したいと考えており、今のスマホのままで格安SIMを検討中です。ちなみに通話はほとんどせず、もっぱらインターネットを使用しています。格安SIMについてのメリット・デメリットを教えていただけたらと思います(東京都 自営業 男性) *  *  * 住吉:菅義偉首相が携帯料金の値下げに強い意欲を示したり、NTTがdocomoを完全子会社化することを正式発表したりと、 何かと話題の多い携帯業界。9月30日(水)からは、楽天モバイルが5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスを開始。その安さも話題になっていましたよね。

◆そもそも格安SIMとは?

住吉:ちなみに、ここ数年よく聞く「格安SIM」。SIMとは、スマホのなかに入っているICカードのこと。契約した携帯電話会社から発行されるもので、スマホを電話機として使うために必要な情報が記載されています。 格安SIMの“格安”は、大手携帯電話会社に比べて月額料金が安いという意味。格安SIMは、SIMカードを対応スマホに装着して安く使えるサービスです。

◆格安SIMはどのような方にオススメ?

飯村:格安SIMに変えたほうがいい人は主に3つです。 1.毎月の通信費を下げたい人 2.長電話をしない人や、通話はLINE通話などを使っている人 3.キャリアのサービスを使わなくてもいい人 →例えば、docomoユーザーの場合、”@docomo.ne.jp”などのキャリアメールアドレスが使えなくても問題ないか否かです。メールはGmailなどのフリーメールを使います。 相談者さんは、通話をほとんどされないということですので、データ通信をどのくらい使うかでプランを選び、格安SIMの料金と比較してみましょう。格安SIMの料金はプランにもよりますが、月額1,000円~3,000円くらいです。現状に比べて年間数万円は安くなる可能性があります。 住吉:3つの項目に当てはまっている人、けっこう多いのでは!? 実は私も当てはまっているかも……。

【関連記事】