Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日テレ、出演者の「大事をとってお休み」に躊躇がないワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 このところテレビで散見されるのが、体調不良の出演者がコロナ感染予防を徹底するために「大事をとってお休み」するケースだ。 【写真】真っ白なフォーマルの、襟が首の下でV字に重なるワンピースを着た有働由美子アナ。斜め前から撮影

 発熱の症状があったとして、ハリセンボン・近藤春菜(37)が『スッキリ』(日本テレビ系)のスタジオ出演を欠席したのは8月31日のこと。7月には『news zero』(日テレ系)のMCを務める有働由美子アナ(51)も、発熱を理由に番組を休んだ。  いずれもコロナではなかったが、今のご時世、「具合が悪い」となれば“出演を控える”のが常識になりつつあるという。 「4月に『報道ステーション』(テレビ朝日系)スタッフの間で集団感染が発生したこともあり、他の出演者、とくに大御所タレントに感染させることのないように、番組側も事務所側も過敏になっています。  有働アナの前には嵐の櫻井翔さん(38)が体調不良で『zero』を休んだのですが、『自分より周りへの感染に気を遣っていてキャスターの鑑だ』というようなメールが番組にたくさん届いたんです。それで日テレとしても休んでもらうことに躊躇がなくなった」(日テレ関係者)

 とはいえ、司会者がその日になって突然休むとなれば局側も大変だ。 「代役を出せない場合は撮影自体が取り止めになることもある。8月17日にはダウンタウンの浜田雅功(57)が発熱し、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日テレ系)の収録が取り止めになった」(テレビ局関係者)  スポーツなどの興行ビジネスでも、出場者の1人が発熱したことで、イベントそのものが中止されたケースもあった。  新日本プロレスでは8月13日に愛媛県宇和島市で予定していた大会を、「出場選手の一部に発熱が確認」されたことを理由に、大会当日に中止とした。発表されたのは試合開始直前で、すでに観客が集まった場内でアナウンスがあり、チケットは払い戻しになった。 「チケット代だけでも損害額は500万円以上。ほかに体育館使用料なども入ってくるのでかなりの損失になる」(プロレス関係者)という。  新日本プロレスに聞くと、「後日(出場選手は)陰性が確認されたが、試合前の時点では陽性の可能性もあったため中止した」とのことだった。 ※週刊ポスト2020年10月2日号

【関連記事】