Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東大発ベンチャー「マンガ特化型AI自動翻訳」リリース。海外での海賊版対策としても有効

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

「日本のポップカルチャーが言語の壁を超えて海外に届き、若者同士の交流が生まれる。個人的にそういった経験がありました。文化の交流みたいなことが、マンガを媒介として起こってほしい。それが事業を始めたモチベーションです」 【全画像をみる】東大発ベンチャー「マンガ特化型AI自動翻訳」リリース。海外での海賊版対策としても有効 そう話すのは、7月28日にマンガに特化した多言語翻訳システム「Mantra Engine」をリリースした東大発ベンチャー・Mantraの石渡祥之佑代表。 クールジャパンの象徴の一つであるマンガ文化。 同社が開発したMantra Engineは、マンガ文化の広がりを加速させる上で欠かせない1ピースとなる可能性を秘めている。

マンガの翻訳を約半分の時間で実現

Mantraは、東京大学の学生・研究者らを対象にしたスタートアップ支援を行うFound Xや、東大IPC(協創プラットフォーム開発株式会社)の支援を受けて設立されたベンチャー企業。石渡氏自身、東大で自然言語処理などを専門とするコンピューターサイエンスの研究者だった。 2018年頃から事業の準備を始め、2020年1月に正式に会社を設立。5月には約8000万円の資金調達を発表している。 今回発表した多言語翻訳システム「Mantra Engine」最大の売りは、人工知能(AI)を用いた「マンガらしい表現」への自動翻訳。さらに、それらがすべて同じブラウザ上で完結することで実現されるスピーディーさだ。 Mantra Engineでは、出版社側がクラウド上にアップロードしたマンガの画像ファイルから自動的にテキストが認識されると、自社で開発した機械翻訳エンジンによって、指定した言語(英語、中国語に対応)の“マンガ的な”表現に翻訳される。 石渡氏によると、完璧な翻訳ができる割合は3割程度。 残り7割は、ちょっとした修正で済むものから大きく手を加える必要があるものまでさまざまという。翻訳の精度は、マンガのジャンルにも大きく依存する。 通常、マンガの翻訳版を出版する際には、翻訳者とのやりとりによって修正されたテキストデータを再びイラストの中に挿入していく工程(文字組版)といったデータのやりとりが発生する。 Mantra Engineでは、画像ファイルから文字を抽出・翻訳し、出力するまでがワンセットだ。出力されたデータはすでに「マンガの形」なっており、編集も可能な状態。データを移行しなくても、同じブラウザ上で翻訳者や校閲者によるチェックが完結するため、ワークフローが大幅に効率化される。 Mantraによると、マンガを翻訳するためにかかる作業時間が、通常時のおよそ半分にまで短縮できるという。

【関連記事】