Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴー☆ジャス×加藤純一「ゲーム下手でもできる」実況の極意

配信

SmartFLASH

 芸能人が続々とYouTubeデビューし、いまや群雄割拠のゲーム実況界。だが、じつはまだ動画を観たことがないという読者も多いのでは? 「他人がゲームをやっているのを観てるだけで何が楽しいの?」  そんな疑問にお答えするべく、初心者でもわかるゲーム実況の奥深さを、パイオニアである2人が解説。これで、あなたも視聴者デビューだ!           * ゴー☆ジャス(以下、ゴ)「このキャスティングを聞いたときは、ドッキリかと(笑)。ゲーム実況界で、加藤さんは雲の上の存在ですから」  自虐的に語るのは、芸人のゴー☆ジャス。ゲーム実況者としても活動中だ。 加藤純一(以下、加)「いやいや、そんなことないですよ! 逆に『お笑い向上委員会』に出演されてる方と、僕なんかが共演できるなんて」  加藤純一は、2009年から実況を始めた。いまでは、配信のたびにネット掲示板にスレッドが立ち、まとめられるほどの人気実況者だ。 加「でも、小学生の『つきたい職業』(2019年)の男子1位がYouTuberになったり、異様なことが起こってるのは、たしかなんですよ。  僕が配信を始めたころ(当時は『ニコニコ動画』)なんて、ほんとにアングラで、泥水すすってたような時代でしたから。10年前の自分に今の状況を説明しても、信じてくれないでしょうね」 ゴ「市民権を得た、きっかけってなんだと思います?」 加「これは明確で、HIKAKINさんのブレイクです。彼が、YouTuberの地位を引き上げてくれた。僕としては、こっそり楽しんでた世界をバラされちゃったような感覚もありますが(笑)。最近は、ゲーム実況にも、芸能人の方が続々参入してますよね」 ゴ「狩野英孝くんの『バイオハザード2』は、むちゃくちゃおもしろくて。嫉妬どころか、感動さえ覚えちゃったな」 加「あー、あれはクソ笑いました! ゾンビを撃って脚が弾け飛ぶのを見て、『うわ、こいつゾンビみてーだ』って(笑)。やっぱりテレビに出てる方って、天才的なところがあるんだなって思いました。  あばれる君さんの配信も、おもしろくて。ゲーム画面に、彼の顔が浮かび上がってるんです」 ゴ「そうそう、グリーンバックで合成してるみたいだけど、あれパクりたいな(笑)」 加「ゴー☆ジャスさんなら芸能人ゲーム実況のパイオニア的な存在だし、許してくれるんじゃないですか」 ゴ「そんな大それたものじゃないですよ。でも当時は、芸能人の進出をYouTuberの方が歓迎してない印象で、ほとんどいませんでしたね」 加「いまでも否定的な方は多いと思いますよ。ライバルが増えるわけですからね」 ゴ「じつは当時から例外的に、『ゴー☆ジャスならいいよ』って歓迎されてたんです。けど、それって脅威に感じてなかったからなのかな(笑)」 加「いや、人がいいからですよ。配信って、ふとした言動や所作に、“素” が出ちゃいますよね。あばれる君さんが、さりげなく奥さんに気を遣っていたり。10年以上見てきましたけど、そういう人のほうが人気が出るし、長続きもするんですよね」 ゴ「やった! でも僕が続いてるのは、見た目が異質だからっていう要因が大きいと思うんです。無言でも、ビジュアルが賑やかだから許されちゃう(笑)。ところで、芸能人の進出についてどう思います?」 加「じゃんじゃん進出してほしいですね。だって、自分なんかが、テレビで活躍している人と同じ土俵に立てるんですよ。僕だってテレビで『わーー』って騒いでみたいけど、できるわけがないから。嬉しいですよ。“競合” ではなく、“共存” したいなと」

【関連記事】