Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネコの祖先、6000年前の暮らしぶりが判明、なぜ中欧に広まった?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ナショナル ジオグラフィック日本版

中欧最古の証拠を分析、近東から農耕とともに移動か、歴史解明に前進

 約7000年前、近東の「肥沃な三日月地帯」を出発した新石器時代の初期の農民たちは、ヤギ、ヒツジ、ウシ、イヌなど、新たに家畜化された動物たちも一緒に連れて移動していた。しかし彼らはおそらく、ヤマネコもこっそりとついてきたことには気がついていなかっただろう。 ギャラリー:世界の街ネコ、写真15点 遺跡で遊び、神社でお昼寝  そして6000年ほど前に、現在のポーランドに到達した人々は、森を開拓して広々とした牧草地や農地へと変え定住し始める。こうした農耕地のそばにある洞窟で発見されたリビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)の骨を分析したところ、ネズミやリビアヤマネコもまた一緒にすみ着いていたことが新たな研究で明らかになった。論文は2020年7月13日付けの「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。  現代のイエネコはリビアヤマネコの子孫であり、約1万年前に肥沃な三日月地帯で家畜化が始まったとされている。ポーランドで見つかった約6000年前のリビアヤマネコの骨は、中央ヨーロッパにおける最古の証拠だ。リビアヤマネコがなぜポーランドまで分布を広げたのかは分かっていなかったが、今回の発見はその謎の一端を明らかにするとともに、イエネコの進化の物語を読み解く新たな手がかりが見つかったことを意味する。 「予想もしない発見でした」と話すのは、ポーランド、ニコラウス・コペルニクス大学の動物考古学者で、研究を主導したマグダレーナ・クライツァールズ氏だ。注目すべき発見のひとつは、ネコの上腕骨が陶器と一緒に堆積物の層に埋まっていたことだ。  ただし、当時の人々がネコとどこまで親密だったかは分からない。ちなみに、新石器時代、人類が洞窟を訪れていたことは分かっている。見つかったネコの骨は、たまたまイヌなどの捕食動物が洞窟に運んだものかもしれない。それでも、この辺りにネコがいたという事実は、当時でも人間のそばで暮らすことが、ネコにとって居心地がよかったことを示唆している。「ネコが家畜になるまでの重要なステップです」とクライツァールズ氏は述べている。  科学者たちは、リビアヤマネコの近縁種にあたる、地元種のヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris silvestris)4匹の骨も、同じ洞窟から発掘している。つまり、リビアヤマネコが新たなすみかにたどり着いたとき、彼らは遠い親戚と遭遇したことになる(リビアヤマネコとヨーロッパヤマネコは、約20万年前にはまだ枝分かれしていなかった)。  このことから「興味深い疑問が出てきます」とクライツァールズ氏は言う。2種のネコは獲物をめぐって争っただろうか。また、彼らは交配をしたのだろうか。もしそうであれば、人間が今ペットとして飼っているイエネコには、私たちの想像以上に複雑な進化の歴史があるのかもしれない。

【関連記事】