Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アフターコロナへ…静岡県知事が主張「東京中心の時代に終止符を」

配信

静岡朝日テレビ

 滋賀県で予定されていた全国知事会は、新型コロナの影響によりオンラインで開催されました。会議には新型コロナ対策の政府・諮問委員会の尾身茂会長も参加し、日本が他の国と比べて感染拡大を抑えられた要因に、中国からの第一波への迅速な対応を挙げました。 一方で、国内で再流行の兆しのある地域に触れ、「間違いなく他の県でも起こり得る」と感染症対策の強化を継続するよう求めました。 新型コロナ諮問委員会 尾身茂会長: 「感染症対策を戦う上で一丁目一番地は迅速なるデータの共有。データの共有のスピードがもう少し改善していただければもっと良くなるのではないか」 知事会では感染予防と、経済活動を両立する時代に入ったとして、「地域から日本を再生する」とした共同宣言を取りまとめました。これについて川勝知事は。 静岡県 川勝知事 会議中発言: 「地域から日本を再生するためには、アフターコロナの日本を見据えなければなりません」 「東京一極集中を打破すること、東京中心の時代に今こそ終止符を打たなければなりません」 「知事会として、アフターコロナのポスト東京時代のプロジェクト、これを立ち上げてくださればと存じます」 会議では他に、地方創生や少子化対策など幅広いテーマが、議論されました。 静岡県 川勝知事:  「自然の中で暮らしながらオンラインで仕事ができると。必要であれば都会にも行けると。こういう新しいライフスタイルを考えていこうという意見がいくつか出ておりましたけども、静岡県としてはそのモデル地域を提供したいと思っております」