Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

7月豪雨 野菜が高い!居座り梅雨前線 財布に打撃(静岡県)

配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

長く降り続く雨は、河川の氾濫や土砂災害など大きな爪痕を残しています。一方で、農作物の生育や魚の加工品の製造にも影響し、価格の上昇を引き起こしています。 <買い物客>「値段がここしばらくは高い」「いつもはもっと安く買っている」  静岡市駿河区のスーパー田子重では、このところ、野菜の価格に異変が起きています。 <増田克己店長>「ニンジン1袋198円です」 さらに… <増田克己店長>「じゃがいもは1袋298円。例年なら198円や158円」  一部の野菜などが普段の2倍近い価格をつけているのです。私たちの生活に欠かせない野菜に一体なにがおきたのか!? <岡部聡ディレクター>「静岡の台所、卸売市場をのぞいてみます」  静岡市の中央卸売市場は普段にくらべ寂しい雰囲気でした。 <静岡VF 原寿克さん>「ニンジンですね。いつもでしたら2マスくらいあるんですけど、入荷がだいぶ少ないです。じゃがいもですね。やはり半分ですね。倍の高さでパレット数もかなり多い」  ニンジンもジャガイモも例年の半分しか流通していません。スーパーで高かった野菜は市場で入荷が少なく、いま値段が倍近くに上がっているのです。 <静岡VF 原寿克さん>「出荷の谷間なんです。そこに加えてのこの雨ということで、量的にはさらに少ないと」  九州を中心に全国各地で記録的な大雨をもたらす7月豪雨。甚大な被害を受けた地域では、長雨の影響で野菜が育たず、出荷もままならない状況が続いているのです。 <静岡VF 原寿克さん>「鹿児島県からきてます。この前の雨の関係で収穫ができないということで、ちょっと心配されますね」  居座り梅雨前線の影響で、野菜の価格はしばらく高止まりが続くとみられます。この長雨は県内の特産品にも大きな打撃となっています。 <小林祐記者>「熱海市です。寝ても起きても曇り空です。いつになったら太陽が顔を出してくれるんでしょうか」  熱海市にあるこちらの加工業者は、アジなどの干物を干すことができなくなっています。 <干物屋ふじま 藤間義孝さん>「(これは?)天気悪かったんで。ばっちり干せる時に干さないとだめになっちゃうんで。去年もひどいが今回も続いている。一回でも晴れてくれればいいんだけど、一週間近くこんな」  7月10日は熱海市では晴れ間がのぞき、5日ぶりの天日干しが少しの時間できました。注文が入っている通信販売の出荷も延び延びになっていますが、うまみが凝縮し独特のくさみが抜ける天日干しにこだわっているため、辛抱する日が続きます。 <干物屋ふじま 藤間さん>「中途半端のもの出すくらいなら、のちのちの注文に響いちゃうので。厳しいけどしっかりしたものを出さないと後に続いていかなくなる。一時の事なので。祈るしかない、人の域を超えているので。合間合間でやるしかない」

静岡放送(SBS)

【関連記事】