Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ばってん少女隊、さまざまな思いを詰め込んだ『ふぁん』発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

九州を拠点に活動する5人組アイドルグループ・ばってん少女隊が、10月28日(水)にフルアルバム『ふぁん』をリリースすることが決定した。 【写真を見る】6月にプライベートレーベル「BATTEN Records」を立ち上げ、新たな音楽活動をスタートすることを発表したばってん少女隊 6月に結成5周年を迎え、BATTEN Recordsの立ち上げとデジタルシングル5週連続リリースで新章をスタートをさせた彼女たち。 今作は、コロナ禍で「不安(ふあん)」な心境を抱えた方も少なくないだろうが、ばってん少女隊の音楽で「FUN(ふぁん)」(楽しみ)に変えていけるようなパワフルなエンターテインメントを届けたいという思いが詰まった作品になっている。 収録楽曲は、これまでのばってん少女隊を支えてきたクリエーターやミュージシャンがプロデュースした作品をはじめ、初挑戦したシティポップやフレンチエレクトロポップなど、成長し深化したばってん少女隊を体現している。 中でも異彩を放つ「OiSa」は、デビューシングル「おっしょい!」の生みの親である渡邊忍がプロデュースした、ばってん少女隊の地元・博多を代表する祭り「山笠」で走るときの掛け声「オイサ」のループと切ないメロディーにのせた奇抜で中毒性の高いマツリダンスチューンとなっている。 今後、彼女たちは10月2日(金)~4日(日)に行われる「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」への出演が決定している他、フルアルバムのリリースを記念した特典会やオフラインでのライブ開催を計画。詳細は後日発表される。 ■ 渡邊忍コメント 以前「おっしょい!」を書かせていただいた時に、またいつかチャンスがあれば「おいさ(OiSa)」というタイトルで曲を作ってみたいと思っていました。 タイトル先行で走り出した楽曲制作は、やはり「お祭り」をイメージしていました。 しかも、クールかつエモーショナルに彼女たちが歌うお祭りソングという希望的観測もあり、こんな感じに仕上がっちゃいました。 歌詞は彼女たちが日々精進し続けながら成長し、ファンのみんなに寄り添う姿をイメージして書かせていただきました。 (ザテレビジョン)

【関連記事】