Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アリ?ナシ? カップルの「お試し同棲物件」増加中、今後の課題とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

かつてはマイナスイメージもあった同棲だが

 日本、とりわけ東京の生涯未婚率や平均初婚年齢が上昇の一途にあるなかで、同棲(どうせい)経験者の割合は微増傾向にあるという、興味深いデータがあります。 【画像】「お試し同棲」用の部屋ってどんな感じ? 画像を見る(12枚)  国立社会保障・人口問題研究所(千代田区内幸町)が5年ごとに行っている「出生動向基本調査」の最新版(2015年)によると、18~34歳の未婚男女のうち同棲経験のある人の割合は全体の7.0%。  前回2010年調査時点の5.6%から1.4ポイント上昇しています。  調査対象のうち最も年齢の高い30代前半では、男性が10.4%(前回8.9%)、女性(同9.3%)と、およそ1割が同棲経験者(現在同棲中も含む)。

結婚前の交際期間は長くなる傾向

 また一方、出会いから結婚(初婚)までの平均交際期間は年を追うごとに長くなる傾向にあり、1987(昭和62)年に2.54年だった値は、2015年には4.26年に。  恋愛結婚のカップルに限れば、同3.15年から4.55年へ、その期間は1年以上も伸びている状況です。 「行動や生き方が自由」「家族不用の責任がなく気楽」……といった理由を独身生活のメリットとして挙げる彼らの、結婚に対する慎重な姿勢が垣間見えてくるようです。  そうした意味でも同棲を経験することは、結婚生活の良い面も悪い面も疑似体験できるという点において、特に現代では意義のあるものなのかもしれません。  物件仲介などを行う「matsuri technologies(マツリ・テクノロジーズ」(豊島区高田)が手掛ける「お試し同棲」物件は、そうした未婚カップルを後押しするサービスです。

保証人は不要、1か月から入居OK

 保証人不要・家具家電完備・1か月間から入居OK……という一般的なマンスリーマンションの特長に、「ふたり入居」を前提とした寝具なども整えた室内。  東京都内などで同社が担当する物件約数千件の多くが同サービスで利用できるといいます。 「敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用はなく、1か月分の家賃が掛かるだけ。始めやすく、終わらせるときも難しくない、まさに『試しに同棲』ができるサービスです」と同社は説明します。  もともと外国人観光客向けの民泊業などを中心に展開してきた同社。しかし2020年初頭からの新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、その需要は大きく落ち込みます。  そんな折に目を向けたのが、かねて耳にする機会が多かったという「同棲を始めたいのに始められないカップルの悩み」でした。

【関連記事】