Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Vリーグが実施計画発表 代表支援で日程短縮、観客入場は50%に制限/バレー

配信

サンケイスポーツ

 バレーボールのVリーグは1日、オンラインで記者会見し、2020-21年シーズンの日程と実施方法などを発表した。  今季は男女とも10月17日に開幕。昨季と同様、東京五輪を控えた日本代表の強化を支援するため日程を短縮する。  男子は10チームが4回戦総当たりによるレギュラーラウンドを行い、4位以下を確定。来年4月3、4日に上位3チームによるファイナルラウンドを実施する。  女子は東西の地区分けを行わず、12チームが2回戦総当たりのレギュラーラウンドを実施。1~4位、5~8位、9~12位の3グループに分けて来年2月20、21日に行うファイナルラウンドで最終順位を決定する。  女子は引き続き、2月27日から代表選手が外れたチームによる「Vカップ」を実施。12チームを2組に分け、1回戦総当たりの1次リーグの後、各組2位までによる準決勝、決勝などを3月27、28日に行う。  新型コロナウイルス感染予防のため、選手やスタッフなどには非感染検査の実施や握手の禁止などを義務付け。当面は観客をアリーナ収容人数の50%に制限する。会場入り口にはサーモメーターを設置して発熱者のチェックを行うなどし、サインボールの投げ込みやキッズエスコートなどファンサービスは見合わせる。他競技の状況も調査して詳細を決め、8月中にガイドラインを策定するという。

【関連記事】