Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Uber、新ポリシー導入 運転手にマスク義務付け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

米Uberは、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、ドライバーなどが配達前に特定の安全対策を講じ、マスクまたはフェイスカバーを着用していることを確認する「Go Onlineチェックリスト」を構築したことを発表した。 Go Onlineチェックリストでは、ドライバーに自撮りを依頼することで、ドライバーがマスクを着用しているかどうかを確認する。 ドライバーが顔を覆っていることを確認したら、アプリ内メッセージで乗客に通知される仕組みになっているという。 米国、カナダ、インド、ほとんどのヨーロッパおよびラテンアメリカの国では、マスクまたはフェイスカバーを着用していないドライバーは、次の月曜日(5月18日)からオンラインにアクセスできなくなるとのことだ。 このポリシーは6月末まで維持され、その後、地域の公衆衛生のニーズに基づいてその後の対応が考慮されるとしている。 また、乗客にも同様のチェックリストが作成されており、フェイスカバーを着用したり、手を洗ったり、手を消毒したりするなどの予防策を講じていることを確認する必要があるという。 ドライバーがマスクなしで現れた場合や、乗客がフェイスカバーを着用していない場合など、双方が安全でないと感じた場合は、ペナルティなしで旅行をキャンセルし、アプリを介して問題を報告することができるとのことだ。

【関連記事】