Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラッキーライラックの弟グランメテオール。 陣営はどう評価しているか

配信

webスポルティーバ

厳選!2歳馬情報局(2020年版)第7回:グランメテオール  今年4月に行なわれたGI大阪杯(4月5日/阪神・芝2000m)を制したのは、ラッキーライラック(牝5歳/父オルフェーヴル)だった。強豪牡馬を蹴散らして、3つ目のGIタイトルを手にした。 【写真】プロキオンS、穴党記者厳選の「穴馬4頭」  そのラッキーライラックの半弟となる2歳馬がまもなくデビューを迎える。栗東トレセンの松永幹夫厩舎に所属するグランメテオール(牡2歳/父ダイワメジャー)である。  姉のラッキーライラックも松永厩舎に所属し、2017年8月にデビュー。その初陣を飾ると、続くGIIIアルテミスS(東京・芝1600m)も難なく勝利した。その勢いに乗って、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)も制覇。デビュー3連勝を決めて、2歳女王に輝いた。  3歳になっても、GIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)を完勝。牝馬クラシックの最有力候補に躍り出た。しかしその大舞台では、のちに牝馬三冠を達成するアーモンドアイの後塵を拝すことになる。GI桜花賞(阪神・芝1600m)が2着、GIオークス(東京・芝2400m)は3着に終わった。  結局、牝馬三冠の最終戦、GI秋華賞(京都・芝2000m)も9着と惨敗。巷では「早熟か」という声も囁かれたが、彼女は古馬になって、鮮やかな復活を果たす。  4歳秋にGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)で、2つ目の栄冠を獲得。次走の海外GI香港ヴァース(香港・芝2400m)でも2着と奮闘すると、冒頭で記したように、好メンバーが集った大阪杯で見事な戴冠を遂げた。

そんな姉と同様、GI戦線での活躍が期待されているグランメテオール。同馬について、管理するスタッフたちはどう評価しているのか。関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。 「ラッキーライラックは520㎏前後の大型馬ですが、グランメテオールは『体のフォルムが小さめ』とスタッフ。ただ、『(馬体は)小さく見えるけど、中身が詰まっている』そうです。中身がしっかりしている分、見た目のイメージよりも体重はあるみたいですね。姉と比べるのは、『まだ早い』とのことですが、現状では『悪い部分はとくに見当たらない』という話です」  ダイワメジャー産駒は、筋肉量が豊富で、身が詰まったタイプが多い。グランメテオールも、その特徴が色濃く出ているようだ。  なお、調教での動きについて、厩舎スタッフは次のように語っているという。先述のトラックマンが続ける。 「現状では『まだ馬が幼い』というのが、本音のようです。それでも、これから速いタイムの調教を行なっていく過程で、『よくなっていきそうな雰囲気がある』とのこと。また、距離適性については、『マイルから2000m辺りまではこなしてほしい』とスタッフは語っていました」  デビュー戦は、7月25日の2歳新馬(新潟・芝1600m)を予定。姉のラッキーライラックと同じ舞台となる。加えて、ラッキーライラックの主戦を長く務めていた石橋脩騎手が手綱を取るという。  偉大なる姉と同じ舞台、同じ鞍上で初陣を迎えるグランメテオール。そんなことからも、同馬に対する陣営の期待がうかがえる。  はたして、姉ラッキーライラックと同じく華々しい活躍ができるのか。まずはデビューでの走りに注目したい。

河合力●文 text by Kawai Chikara

【関連記事】