Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

服が濡れない「逆さ傘」、閉じると雨滴が内側に!使って感じた長所と短所

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
女子SPA!

 台風シーズンということもあり、晴れていたかと思いきや突然ドシャ降りの雨になったりと、ここ最近空模様が不安定ですよね。傘を新調しようと思い色々と調べていたのですが、その中で「逆さ傘」というユニークなアイテムが目に止まりました。“逆さまに開いて逆さまに閉じる傘”らしく、濡れている面が内側に収納される構造になっているのだとか。 ⇒【写真】開いたところ。かなり大きめ  詳しく見てみると他にも便利な点がいくつもあり、これは画期的すぎるのでは…?と、思い切ってポチッてみました。気になる使い心地をレビューしたいと思います。

かゆいところに手が届く、機能的な【逆さ傘】

 逆さ傘は先述した通り、水滴が内側に収納されるため洋服や荷物が濡れてしまうのを防ぐことができるという、なんともユニークな発想の傘。少しのスペースで傘を閉じることができるので、車の乗り降り時にも便利なのだそう。99%UVカット効果もあるため日傘としても使うことができます。内外2枚の布で構成されているため耐風性もあり、裏返る心配もなし。  さらに魅力的なのが、傘を閉じた時に自立するという点。立てかけても滑って倒れてしまうことが多いので嬉しいポイントです。

手元に到着!さっそく広げてみた

 こちらが届いた傘。デザインの種類が豊富すぎて迷ったものの、シンプルに黒×グレーの無地タイプにしました。  機能だけ見て詳細を調べずに買ってしまったのですが、まず第一印象は「お…重い!」。今まで使っていた傘はわりと華奢なタイプの女性用の傘だったからか、それと比べるとだいぶずっしりとした印象。とはいえ全く気にならない人もいるだろうし、ここはもう完全に個人的な意見です。  傘はワンタッチで簡単に開くことができます。広げてみると身長154cmの筆者には少し大きめですが、息子のサッカーの見学など、屋外に長時間いて日傘が欠かせない時にはこの大きさが頼もしいです。  持ち手は傘にしては珍しいC型のデザインで、手首や腕に持ち手をかけながらさすことができるのも◎。スマホの操作もOKで、想像以上に便利です!  C型という構造上、持ち手はバーには引っかけられますが、厚みのある机などにはかけることができません。ですがどこかに引っかけたり立てかけたりしなくてもきちんと自立してくれるため、今のところその点での不便さは感じていません。

【関連記事】