Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大海原に突如現れる岩、岩、岩! 名前の由来は仏軍艦、「ベヨネース列岩」とは何か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

東京都に属する謎多き島の数々

 東京都の離島には、どう見ても上陸できない島がいくつかあります。例えば、2006(平成18)年の映画『硫黄島からの手紙』でおなじみの硫黄島は自衛隊の基地が置かれており、基地関係者以外は基本的に上陸できません。日本最東端の島として知られる南鳥島も同様です。 【地図】東京から南に約400km! 「ベヨネース列岩」を見る  南硫黄島も全島が天然記念物に指定されているため、こちらも勝手に上陸できません。なお2017年に学術調査が実施され、翌年にNHKスペシャル『秘島探検 東京ロストワールド』で放送され話題になりました。  南硫黄島のレアさを証明するエピソードとして、2004年に民間のプレジャーボートが座礁し、救助されるまで島に上陸していたことがありました。

「青ヶ島」からさらに南へ約65km

 とにかくお金をいくら積んでもいいから、レアで交通手段のない東京都の島に上陸してみたい――そんなことを考えたときに、現実的に実行できるかもしれないのが「ベヨネース列岩」です。まぁ難易度は極めて高く、わざわざ上陸しなくてもいいのですが……  東京都の島にもかかわらず、なんとも異国情緒のある名前を持つ「ベヨネース列岩」。島とはいいますが、正確には岩礁群です。  その位置は伊豆諸島の南で、東京から約400km。最南端の有人島「青ヶ島」からさらに南へ約65kmの大海原にあります。海面から顔を出しているのは三つの大きな岩といくつかの小さな岩のみです。  あまりも小さな岩のため、発見されたのは1846年とさほど昔ではありません。名前は発見したフランス海軍の軍艦「J・R・バイヨネーズ」に由来しています。  フランス語の発音では「ベヨネーズ」の表記が近いのですが、どういうわけか国土地理院や気象庁では「ベヨネース」という表記となっています。

磯釣りの愛好家が目指す場所

 このベヨネース列岩は、海底火山の一部が海上に顔を出したものです。付近にある明神礁(みょうじんしょう)とは同じ火山の一部であることが、調査によって明らかになっています。  明神礁は活発な火山活動で知られ、ベヨネース列岩付近での火山活動が何度も目撃されています。1946(昭和21)年には活発な噴火活動が見られ、一時は新島が生まれましたがすぐに海中に没しています。  その後も火山活動は何度も繰り返されていますが、いまだに新島が生まれるには至っていません。  この海底に潜む火山が円すい形の単独峰であることが確認されたのは、1989(平成元)年のことです。  火山活動は付近を航行する船にとって危険ということもあり、ベヨネース列岩は上陸の価値がある離島でもなく、実のところあまり注目をされてきませんでした。  ところが世の中にはこの島に向かって、船出する人たちがいます。それは磯釣りの愛好家たちです。  ベヨネース列岩の岩場は大物が狙える「釣りの名所」として、彼らが一度は目指したい島(岩)となっているのです。  このあたりで釣り糸を垂らせば、ほぼ間違いなく大物がかかると言われていることからも、その魅力はやまないのでしょう。

【関連記事】