Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「地球に恩を売る!」のんさんが考える〝ハードル低いSDGs〟「気楽に、オープンな気持ちで接点を」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

大事だけれど取っつきにくい……持続可能な社会を目指す取り組み「SDGs」に、どう取り組めばいいのか? 女優で創作あーちすとの、のんさんが出した答えが「地球に恩を売る」でした。「自信満々にポジティブに、ちょっと楽しいアプローチがあってもいいと思うんです」。のんさんが考える「SDGs」について聞きました。 【画像】斬新デザイン!のんさんがアレンジ、生まれ変わった「アップサイクル」のファッション

軽い気持ちで手をつけたらいけない?

のんさんは、7月29日にあった「ジャパンSDGsアクション」キックオフイベントで、「SDGs」の裾野を広げていく「SDGs People」に選ばれたことが発表されました。 そんな、のんさんですが、最初に「SDGs」という単語を聞いた時は「軽い気持ちで手をつけたらいけない問題なんじゃないかと思いました」と打ち明けます。 一方で「SDGs」について調べていくうちに、「知らないものだから構えてしまう。難しいことではないんだ、自分の生活の中で取り入れていけるものなんだということを、わかってもらえたらいい」と考えるようになったそうです。 実は、のんさんは2018年、環境省が進める温暖化対策のキャンペーン「COOL CHOICE」で、赤鬼に扮する斬新な動画に登場しています。 「その時からマイボトルを持ちはじめていて。そういう日々、自分ができることが、実は『SDGs』につながっているんですよね」 マイボトルだけでなく、のんさんは、普段から仕事で使った衣装をリユースして新たな価値を与える「アップサイクル」にも取り組んでいます。 「自分が関わっていた『アップサイクル』って、『SDGs』の12番目に掲げられている『つくる責任、つかう責任』にあたるんですよね。同じように、『SDGs』をすでに自分の生活の中で取り入れていることってあるはずです。まじめなイメージのある『SDGs』ですが、そういう、みんなが共感できる部分から広めていきたいです」      ◇ 〈SDGs(Sustainable Development Goals)〉地球環境や経済活動、人々の暮らしが持続可能になるよう、国や企業、個人が垣根を越え、2030年までに取り組む行動計画。15年に米ニューヨークであった「国連持続可能な開発サミット」で、193の国連加盟国の全会一致で採択された。貧困の解消や教育の改善、気候変動の対策など17分野の目標がある。各目標の下に、「各国の所得下位40%の人々に国内平均より高い所得の伸びを実現」といったより具体的な169の目標を掲げている。 〈アップサイクル〉廃棄される服やエアバッグなどをリメイクして、バッグや雑貨としてよみがえらせる取り組み。再利用を意味する「リサイクル」と違い、新たな価値を加えるという意味で「アップサイクル」と呼ばれる。環境への貢献だけでなく、素材の質感や形状を生かした「一点もの」のデザインが魅力になっている。

【関連記事】