Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】「『6月23日』ほとんどの人知らない」沖縄戦終結から75年 関西で暮らす戦争体験者の証言

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

沖縄県は6月23日、激しい地上戦で20万人を超える人が犠牲となり、県民の4人に1人が命を落とした沖縄戦から75年の「慰霊の日」を迎えました。体験者の記憶の継承が年々難しくなる中、関西で暮らす戦争体験者たちから話を聞きました。

県民の4人に1人が命を落とした「沖縄戦」

激戦地となった沖縄県糸満市の平和記念公園。沖縄県は太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」としています。沖縄は6月23日は休日で、朝早くから遺族らが訪れ「平和の礎」の前で手を合わせていました。

「激しい戦争を起こしたら大変になる。世界中の皆さん、二度と戦争は起こしてはいけません。」(89歳の沖縄戦の経験者) 「慰霊の日は沖縄県民だけではなく日本の人にもちゃんと戦争について考えてもらう日になったらいいなと思います。」(15歳の沖縄県民)

「『6月23日』ほとんどの人が知らない」大阪で沖縄に関する本の貸し出しなど行う男性

駅前に多くの沖縄料理店が軒を連ねる大阪市大正区は、区民の4人に1人が沖縄県出身者か沖縄にルーツを持つと言われます。沖縄出身の金城馨さん(67)は「関西沖縄文庫」の主宰者で、1万点に及ぶ沖縄に関する本や映像の貸し出しや販売を行っています。金城さんは沖縄戦や6月23日の慰霊の日について、県外であまり知られていないことを気にかけています。 「日本本土における8月15日というのが戦争との関係の日か、8月6日、9日の原爆の投下。6月23日については、ほとんどの人が知らないと言っていいくらい、教えられることもないだろうし。」(関西沖縄文庫 金城馨さん)

「スパイの疑いかけられ日本兵から手りゅう弾投げつけられた」兵庫で三線教室を開く男性

兵庫県西宮市で三線教室を開いている仲村元一さん(75)。当時、仲村さんは生後3か月でしたが、母親から戦争の話を繰り返し聞かされました。 (Q6月23日という日付には?) 「それは意識していますよ。日本の終戦記念日はふーんと思うけど、沖縄戦の終戦記念日はたくさんの人が亡くなったんだと思うね。」(仲村元一さん) 1945年4月、アメリカ軍は沖縄本島に上陸。戦闘は日に日に激しさを増し、飢えと恐怖に耐えながら夜道を逃げ惑っていた仲村さんらは、アメリカ軍によって一時的に集落に保護されました。ところがその後、“一家は敵軍のスパイ”だという疑いをかけられ、日本兵から手りゅう弾を投げつけられました。

【関連記事】