Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シーパラ事故、書類送検へ 過去にもブレーキ不具合確認か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市金沢区の横浜・八景島シーパラダイスで昨年8月、アトラクション「サーフコースター」の乗客2人が軽傷を負った事故で、県警は4日にも、業務上過失傷害の疑いで、運営会社「横浜八景島」に所属するいずれも40代の施設責任者の男性と点検責任者の男性の計2人を書類送検する方針を固めた。  事故は昨年8月4日午前11時15分ごろに発生。減速したコースターが降車場手前の所定の位置で停止せず、前方の無人車両に追突した。コースターには23人が乗車しており、先頭車両の男女2人が足に軽傷を負った。捜査関係者によると、事故前にもブレーキの不具合が確認されていたにもかかわらず、適切な対応を怠ったという。  事故を巡っては、国土交通省が7月8日に調査報告書を公表した。車両とレールの双方に設置されているブレーキ部品が十分に接触していなかったため、制動力が低下したことが事故原因とされた。

神奈川新聞社

【関連記事】