Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ザック・スナイダーのNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』、前日譚とアニメシリーズも製作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務めるNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』。本作の前日譚が描かれる映画とアニメシリーズの製作が決定した。  本作は、『ドーン・オブ・ザ・デッド』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を手がけてきたスナイダーが監督・脚本・製作を務めるゾンビムービー。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『ブレードランナー 2049』などのデイヴ・バウティスタ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも出演した真田広之らをはじめ、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のエラ・パーネル、ドラマ『ナルコス』のアナ・デ・ラ・レゲラ、テオ・ロッシ、ヒューマ・クレシ、ドラマ『POWER/パワー』のオマリ・ハードウィック、ティグ・ノタロ、『それでも夜は明ける』のギャレット・ディラハント、マティアス・シュヴァイクホファー、『運命の7秒』のラウル・カスティーリョ、『暴走地区-ZOO-』のノラ・アルネゼデール、『ワンダーウーマン』のサマンサ・ウィンら、国際色豊かなキャストが集結する。  ゾンビが大量発生したラスベガスを舞台に、1人の男が傭兵集団を結成、史上最大の強盗計画を成功させるべく隔離地区へ侵入することになる物語。スナイダーは「Netflixと組み、 『アーミー・オブ・ザ・デッド (原題)』の世界を広げていくことにとてもワクワクしています。世界規模となる前日譚と、視覚的にダイナミックなアニメの世界の両方を新たに展開していきます。すばらしいコラボレーションで、Netflixがこの作品に大きな期待を寄せてくれていることをとてもうれしく思います」と、本プロジェクトについて意気込みと自信を語っている。  前日譚映画の監督と主演を務めるのはシュヴァイクホファーで、『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』で彼が演じるルードヴィヒ・ディーターがこの物語の主人公となる。また、アニメシリーズの『アーミー・オブ・ザ・デッド:ロスト・ベガス(原題)』は、『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』に登場するスコット(デイヴ・バウティスタ)とレスキューチームが、ラスベガスで発生した爆発的なゾンビ感染のそもそもの原因となった謎を追う物語。スナイダーとNetflixオリジナルアニメシリーズ『Trese(原題)』のジェイ・オリヴァが本シリーズ内の2話の監督をそれぞれ務める。製作総指揮には、デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー、ウェスリー・カラー、ジェイ・オリヴァ、シェイ・ハッテンが名を連ねる。バウティスタ、レゲラ、ノタロ、ハードウィック、パーネルらが、アニメシリーズでも同じ役を演じる。  さらに、前日譚映画の監督と主演も務めるシュヴァイクホファーは、「ザック・スナイダーのこの素敵なプロジェクトの一部を担えることをとても嬉しく思っています。この世界が様々なレベルで広がっていることをとても幸せに感じています」とこの一大プロジェクトに参加することへの喜びを明かしている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】