Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家庭で手軽にパン作りを。「オンライン講座」運営者に聞く、上達のコツ

配信

bizSPA!フレッシュ

 新型コロナウイルス感染防止のための「StayHome」。普段と比べて、家で過ごす時間は増えているのではないだろうか。そんな中、こんな時期だからこそ時間を有効活用し、資格取得やスキルアップのために、時間とお金を投資する機運が高まっている。  製菓・製パン用の材料・レシピなど約3万点を取り扱う日本最大級のECサイト「cotta」。同サイトで、パン・スイーツ作りの認定資格をオンラインで取得できる「cotta license」も受講者が増えるなど注目を集めている。 「うまく膨らまない?」「生地がパサつく」など難しいパン作り・お菓子作りをオンラインでマスターするコツは何か。「cotta license」立ち上げた背景や事業の展望について、運営会社である株式会社cottaの黒須綾希子代表取締役に話を伺った。

コンビニスイーツ台頭を受けて参入

 株式会社cotta(旧社名タイセイ)は、製菓食材及び食品包装資材の卸売り販売を主軸に事業を展開してきた。全国の和洋菓子・パン製造の販売店が主な販路として、BtoBビジネスを手がけてきた同社にとって、なぜBtoC領域に参入したのだろうか。  創業者である父・佐藤成一氏から、2代目社長として引き継いだ黒須氏は「コンビニスイーツの流行が、ターニングポイントだった」と説明する。 「2007年ごろからコンビニスイーツが流行り出したことで、小規模で営む菓子屋やパン屋の需要が減ってしまい、お店を閉じるケースが目立ちました。特に田舎では『コンビニが1つできると地元のケーキ屋が1軒潰れる』と言われたほどです。  このような状況だったので、新しく事業拡大をする必要があった。そこで、注目したのがBtoC事業です。お菓子作りを趣味とする消費者やカフェなどの事業者をターゲットにしたネット通販サイト『cotta』を始め、ECでの物販に注力するようになりました」  今では、製菓・製パン業界最大のECプラットフォームとして成長を遂げ、同社の主力事業となっている。製菓・製パン用の食材や資材のほか、有名パティシエやインスタグラマーを起用したレシピや動画などのコンテンツを提供している。

【関連記事】