Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

虹プロは大当たり K-POP仕掛け人が日本市場に積極的なワケ【大ブーム!韓流エンタメの光と影】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【大ブーム!韓流エンタメの光と影】#11  今年7月、オリコン週間デジタルランキング初の初登場3冠を獲得したNiziU(ニジュー)。韓国発のオーディション企画「Nizi Project(虹プロ)」で誕生した彼女たちは、K―POPの積極的な海外展開を日本で強く印象づける契機となった。  ただしK―POPの海外展開は新しい話ではない。その歴史は、K―POPアイドルの元祖ことH.O.T.まで遡る。H.O.T.は1996年デビューの男性5人組。98年から中国へ進出し、現地で熱狂的な人気を博した。  H.O.T.を輩出したのが、元歌手のイ・スマンが設立した芸能事務所SMエンターテインメント。K―POP隆盛の礎を築いたイ・スマンは、早くから海外、特にアジア市場に注力してきた。2003年デビューの東方神起が漢字名なのも、中国進出をふまえてのことだ。また01年にBoA、10年に少女時代を日本でデビューさせたのもSMだった。  海外展開の代表的な手法のひとつが、海外出身者をメンバーに加えること。芸能各社は早くから、在米韓国人、また中国語圏、東南アジア、そして日本出身者を含む多国籍グループをデビューさせてきた。  NiziUを生み出したJYPエンターテインメントも、そうした戦略に積極的な大手のひとつだ。JYPは、「虹プロ」で日本でも有名になったJ.Y.Parkことパク・ジニョンが起こした会社。同社は2PM、miss A、GOT7らの多国籍グループに続き、15年には日本人3人と台湾人1人を含む女性グループTWICEを送り出した。TWICEも日本進出で成功を収めているのは周知の通り。

 近年、特にK―POPが日本市場に積極的なのは、17年に配備された米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイルシステム)を巡る中韓の対立で、韓国芸能人が中国から締め出されている事情もある。しかし「虹プロ」を手がけたパク・ジニョンの構想は、もう少しスケールが大きい。  彼は18年7月の講演でK―POPの海外進出を、①「韓国のコンテンツを海外に輸出」②「海外の人材を韓国のグループに加えて輸出」③「海外の人材を発掘・育成してプロデュース」の3段階で説明。そして③を「グローバリゼーション・バイ・ローカライゼーション」と呼び、具体例のひとつに「虹プロ」を挙げた。  この構想を現実にする形で、2年後にNiziUが生まれたわけだ。現地化戦略なら、THAADや反韓感情といった雑音に左右されないメリットもある。NiziUの後にどんなプロジェクトが続くのか、次なる展開にまた注目したい。=つづく ▽高月靖(たかつき・やすし) 1965年、神戸市生まれ。ノンフィクションライター。韓国事情や性事情など各種社会事象を扱う。主著に「在日異人伝」「キム・イル 大木金太郎伝説」「独島中毒」「ロリコン」「南極1号伝説」などがある。

【関連記事】