Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スカイマーク定時性3年連続1位 国交省19年度情報公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Aviation Wire

 国土交通省航空局(JCAB)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、2019年10月26日に全便の運航を終了したバニラエア(VNL/JW)を含むLCC 5社など、特定本邦航空運送事業者12社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2019年度分を7月31日に公表した。定時運航率は、スカイマーク(SKY/BC)が3年連続で1位となった。通年の欠航率が最も低かったのもスカイマークだった。  12社全体の定時運航率は前年度と比べ0.49ポイント低下の88.91%、遅延率は0.49ポイント悪化し11.09%、欠航率は0.60ポイント改善し1.21%だった。遅延の原因は「機材繰り」、欠航は「天候」が目立った。  定時運航率は、スカイマークが95.02%で、3年連続で1位を獲得。2位はスターフライヤー(SFJ/7G、9206)で94.72%だった。3位はエア・ドゥ(ADO/HD)で93.13%だった。値がもっとも低かったのは、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の78.41%だった。  遅延率は、ピーチが21.59%でワースト1位。遅延理由は「機材繰り」が12.91%で最も高かった。以下、ジェットスター・ジャパンが20.10%、春秋航空日本が19.23%と続いた。遅延率が最も低かったのは、スカイマークの4.98%だった。遅延理由の1位は、12社とも機材繰りだった。  欠航率は、2.59%だったジェットスター・ジャパンがワースト1位。欠航理由は「天候」が1.41%で最も高かった。以下、JALが1.29%、日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)が1.26%と続いた。欠航率が最も低かったのは、10月で運航を終了したバニラエアの0.63%。通年ではスカイマークの0.83%が最も低い値となった。

Yusuke KOHASE

【関連記事】