Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福島市が「受動喫煙防止条例」施行 福島駅東口・西口周辺指定

配信

福島民友新聞

 他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」防止に向け、福島市は1日、独自の受動喫煙防止条例を施行した。JR福島駅東口と西口の周辺を「受動喫煙防止重点区域」に指定。3カ月の周知期間を経た10月1日からは、指定喫煙所2カ所以外での喫煙(加熱式たばこ含む)が禁止となる。  県内で受動喫煙防止の条例制定は2例目。来年3月からは罰則規定が適用され、違反した場合は過料2000円が科せられる。路上喫煙に対する過料は初めてとなる。重点区域の範囲は東口や周辺の飲食店密集地域、西口の歩道や車道、地下歩道。路上喫煙をなくすため10月からは指導員の巡回を始める。

【関連記事】