Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コルク栓からバイク・クルマ……そしてルマン制覇へ! マツダのドラマのような成功物語

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

101年目の力強い一歩を踏み出したマツダ

 ヴァンケル博士の基本特許を使ってはいるものの、世界で唯一ロータリー・エンジン(RE)の量販を実現し、1991年にはそのREを搭載した「MAZDA787B」でル・マン24時間レースを制覇。また最近では「SKYACTIV TECHNOLOGY」を発表、エンジンやシャシー(ボディ)などクルマを構成するすべての要素の刷新を図るなど、技術を前面に押し出した活動を展開しているマツダですが、その前身である東洋工業から商号を変更して誕生したのは1984年のこと。さらにその前身の東洋コルク工業が創業したのは1920年(大正9年)のことでした。 【画像37枚】黎明期のマツダが乗り越えてきた復興ドラマを演じたバイク、3輪トラック、ロンパー、R360クーペ....、数々の名車役者たち  そうした経緯から今年、マツダは創立100周年の記念すべき時を迎えました。予定していた100周年記念ベントである『MAZDA OPEN DAY 2020』はコロナ禍の影響から中止としたものの、いくつもの100周年記念モデルをリリース。101年目の力強い一歩を踏み出しています。今回は、そんなマツダの歴史を振り返ってみました。

コルク製造業から機械部品に移行し 3輪トラックを開発

 1920年に設立され、マツダの前身となった東洋コルク工業は、コルク栓のメーカーでコルクの製造販売を手掛けてきた個人企業でしたが、経営悪化の影響もあり広島の財界人が参画し会社組織に改める形で設立したものでした。この辺りは、1人の起業家に端を発する国内の他メーカーとは異なり、むしろイタリアのフィアットやアルファ・ロメオと似たような生い立ちということができるでしょう。  そんな東洋コルク工業でしたが、コルク栓を製造する際に出る「屑コルク」に着目し、それを材料にして「圧搾コルク板」を開発、商品化させました。今でいうリサイクルのはしりだったというべきかも知れません。そして海軍から大量に発注され経営は一気に拡大、出張所を設けて大阪や東京へと進出する攻勢ぶりをみせていました。  ところが1923年に起きた関東大震災によって東京出張所では壊滅的な打撃を受け、また1923年にはコルク工場が全焼してしまいました。これをきっかけにコルク製造業から機械関連事業へと大きく舵を切ることになり、1927年には社名も東洋コルク工業から東洋工業へと改称、念願だった自動車メーカーに向けて第一歩を踏み出すことになりました。  当初は海軍工廠の下請けとして兵器や部品を製造していましたが、最終的な目標を自らの自動車を製造する自動車メーカーとし、先ずはオートバイ、そして三輪トラック、と研究開発の輪を広げていきました。  1930年には単車6台を試作、その後30台を製作して市販しています。これがマツダの最初の市販モデルでした。  翌31年には最初の三輪トラックであるマツダ号DA型が完成。リバースギアを組み込んだ変速機やリアのデフなど、それまでのライバルには装備されていなかった機能を搭載していたことに加え、全国にネットワークを持つ三菱商事に販売を一括して託していたこともあり、発売と同時に好調な販売成績を記録。やがて国内販売でも4分の1にあたる大きなシェアを持つまでになりました。  さらに1940年には4輪の小型乗用車を試作しています。  ただし太平洋戦争が激化するにつれて東洋工業が戦時下の軍需生産体制に組み込まれ、民需のための自動車(三輪トラックも含めて)の生産は制限されるようになって4輪の開発も戦後までお預けとなりました。

【関連記事】