Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1976年6・1 WWWFフィラデルフィア ゴリラ・モンスーンvsモハメド・アリ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1976年6月1日 WWWF フィラデルフィア ゴリラ・モンスーンvsモハメド・アリ! ゴリラ・モンスーンはWWWFで活躍し、引退後もWWF、WWEと裏方として支え続け、1994年にはWWE殿堂入りも果たしているレジェンド! そのゴリさん、アリがアントニオ猪木と対戦するわずか25日前、WWWFのリングで戦っていたんです! 対戦相手をチョップで場外へ吹っ飛ばすゴリさん!そこには観戦に来ていたモハメド・アリ氏の姿が! 目の前に選手を放り投げられ、リング上のゴリさんを指差して怒るアリ! ゴリさんもアリに向かって「かかってこい!」とばかりに挑発するゴリさん! これにはアリもジャケットを脱ぎ捨て、上半身裸になってリングイン!ゴリさんと対峙します! ちなみにリングに上がる際、アリはちゃんと靴を脱ぎます。土足で踏みにじらないジェントル・アリ、好きだなあ~。 アリのマッハジャブをパチンパチンとさばくゴリさん!指差して挑発するアリの腕をガっと掴み、一気に間合いを詰めたらがばっと持ち上げ、あのアリをエアプレーンスピンでぶぶん6回転!やっぱりめちゃくちゃ慌てる取り巻き達! 蝶のように舞い蜂のように刺すアリ! ヘビー級史上最速とも言われるアリ! あのキンシャサの奇跡を生んだアリ! そんなアリをエアプレーンスピンでゴロンと転がして退場に追い込む「人間台風」ゴリさん! そう、すなわちゴリさん最強説! 後にアントニオ猪木と様々な要素で伝説となる試合を行うアリですが、その前にはゴリさんを始め多くの選手たちがアリに“プロレス”を教えていたのです。 人格者として多くの人に慕われ、今でもその名を口にする人も多いゴリさんが亡くなって21年が経とうとしていますが、これからも“人間台風”の伝説を語り継いでいきましょう! 今日もプロレス最高っ! 著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】