Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アーティストの音楽履歴書 第28回 RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)のルーツをたどる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

アーティストの音楽遍歴を紐解くことで、音楽を探求することの面白さや、アーティストの新たな魅力を浮き彫りにする「アーティストの音楽履歴書」第28回には、連載初のダンスボーカルグループのアーティストとなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKUが登場。今回は、鍛え上げられた肉体と持ち前のハイトーンボイス、そして誰からも愛されるまっすぐなキャラクターでファンを魅了するRIKUのこれまであまり語られることのなかった音楽的ルーツを聞いた。自身のルーツとなった楽曲で構成されたプレイリストと幼少期の写真と共に楽しんでほしい。 【写真】生後7カ月の頃のRIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)。(メディアギャラリー他10件) 取材・文 / 清本千尋 ■ 気付いたらもう歌っていた 僕はMr.Childrenの「innocent world」が発売された1994年の8月10日に生まれました。両親が音楽好きで常に家に音楽が流れていたので、小さい頃から流れている歌を真似して歌っていたみたいです。自分の一番古い記憶でも、プレイヤーに表示されたトラックナンバーと歌詞カードの数字を照らし合わせて、一生懸命読める部分だけを読んで、読めない漢字の部分は真似して歌っていたことを覚えています。気付いたらもう歌っていたんですよね。 両親はマイケル・ジャクソンが好きで、子供の頃からミュージックビデオやライブ映像を一緒に観ながらMVや曲に込められたメッセージを教えてくれたんです。いろんな人種の方が登場する「Black Or White」のMVは鮮烈に覚えています。特に終盤の1人の人がいろんな人種に変化していくシーンのことはずっと覚えていました。当時はそれぞれの曲やMVに込められたメッセージを説明されてもよくわからなかったですが、今ではわかることもたくさんあって。マイケルの曲は全部世界平和を歌っていてすごく好きです。そうやってリスナーに救いを与えてきたマイケルの音楽を聴いてきたから、自分も目の前にいる人を音楽で救いたいと思うし、音楽はその可能性を秘めたものだと信じています。 僕は活発でサッカーが大好きな子供でした。そして“音楽を聴く”という行為をしなくともそばにあったので、小学校の音楽の授業があるまでは“音楽”というものがあることを認識していなかったです。楽器を弾きたいと思うこともなかったけれど、あまり練習しなくてもリコーダーが吹けて音楽の成績がよくて。あとすごく目立ちたがり屋で、合唱のときには1人で舞台の中心に立って目立てるからという理由で指揮者に立候補したんです。指揮者になるにはオーディションを受けなくてはいけなくて……それが僕にとって初めてのオーディションでした。給食の時間に何人か立候補者が集められて先生に言われた通りに指揮をして、その中から僕が選ばれたんですよ。今思えば、小さい頃から音楽を聴いていたからリズム感覚が身に付いていたのかも知れないです。 ■ サザンを聴いて育った少年が歌手になり「Mステ」で桑田佳祐と初共演 家ではマイケル以外にサザンオールスターズさんやミスチルさん、ゴスペラーズさんの曲がよく流れていて。当時の僕はサザンが特に好きで、小5の頃にサザンの新しいアルバムが出ると知って親にお願いして買ってもらったのが「キラーストリート」です。意識的に何度も聴いた作品はこれが初めてでした。サザンは夫婦でバンドをやっているのがまずカッコいいなと思いましたし、桑田佳祐さんがバンドの中心ではあるけれど、原由子さんをはじめ桑田さんを支えるほかのメンバーの皆さんの空気感も好きで。「エロティカ・セブン」みたいな子供にはまだ早い言葉が入ったような曲もサザンは多いですけど、何もわからない僕は普通に歌っていましたね。そういう曲がある一方で、聴く人を優しく包み込むような楽曲もいっぱいあって「サザンにはできない音楽がないんだな。なんでもできるんだ!」と子供ながらに思ったんです。ポップスもソウルもR&Bもロックも全部やれちゃうのがサザン。あまりバンドを聴いてこなかった僕にとって、サザンはロックでもあるんです。 サザンの音楽にまつわる思い出は本当にたくさんあって、「あ、この曲は祖父母の家に行く車の中で聴いていたな」とか、曲ごと、アルバムごとに思い出せる情景があるんです。初めて行ったライブもサザンですし、自分の音楽ルーツの始まりはサザンかもしれないです。ライブには母と2人で行ったんですが、生でサザンを観るのも初めてだったし、音楽を聴きに来たはずなのに、ステージからホースで水を撒いたり、セクシーな女性ダンサーの方が出てきたりで、そのお祭りのような内容に衝撃を受けました。バラエティに富んだライブが刺激的で、よりサザンが好きになった瞬間でしたね。THE RAMPAGEとしてデビューして初めて「ミュージックステーション」に出たときに、たまたま桑田さんも出演されていて。自分が音楽の道を選んで「Mステ」に初めて出ることが決まって、そこに桑田さんもいるなんて運命だと思いました。ご本人に昔から桑田さんのことを大好きだということを伝えることはできませんでしたが、楽屋挨拶にも行かせていただけてうれしかったです。サザンはデビュー40年を超えた今もなお第一線でやられているのが本当にカッコいいし、シンガーとして桑田さんにめちゃくちゃ憧れています。 ■ サッカー選手の夢破れEXILEと出会った中学時代 中学生の頃、僕は東京では強豪のサッカークラブに所属していたんです。でも中学時代はみんなよりも頭1個分小さかったし、試合も1軍で出られなくて「あ、自分ってこの程度だったんだ。これではプロにはなれないな」とサッカー選手の夢をあきらめました。そのタイミングで母親がEXILEのライブに連れて行ってくれて、そこでまた衝撃を受けて「そうだ、僕は歌が好きだったんだ」と思い出したんです。そんな中で高校に進学して、高2のときにEXPG STUDIOの特待生オーディションを受けたら受かったんですよ。「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~」でも2次審査までは行けたし、歌の道もあるのかなと思う中で、高校の文化祭ののど自慢大会みたいなイベントに出るようになって。野外のステージに1000人くらいが詰めかけるイベントだったんですけど、高2と高3で2年連続で優勝したんです。そこで大歓声を受けたときに、がんばり次第では歌でプロになれるのかもしれないと思ったんですよね。最初は芸能界を目指していることをバカにされたりもしたんですけど、ステージで歌っているところを見せたり友人をライブに招待する中で周りのみんなが認めてくれて、気付けば応援してくれるようになって。だからTHE RAMPAGEのボーカルとしてデビューできたことで、そうやって応援してくれた人たちに1つ結果を示せてよかったなと思っています。 歌手を目指すようになってからは、オープンキャンパスに行っても興味を持てる学部がなかったし、大学には行かず夢に向かってがんばろうと思っていたんです。親は大学に行ってほしかったみたいですが、もう僕は歌の道しか見えていなかったので、「進学はしないけれど絶対に歌手になるから見てて」って1年かけて親を説得して。高校を卒業してからは毎日バイトをしながらレッスンに通って、高校卒業翌年の2013年に開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 4 ~夢を持った若者達へ~」に運よく受かってTHE RAMPAGEのボーカル候補に選んでもらえたんです。本当に運がよかったなと思うんですけど、なるべくしてなったと思うところもあって。僕は占いがけっこう好きなんですけど、誕生日占いの本に1994年8月10日生まれの人は「人に癒やしを与える効果のある声を持った人」って書かれていたんですよ。しかもCDがリリースされるのはだいたい水曜日じゃないですか。僕が生まれたのも水曜日だったんです。もう、そういう運命だったんだって勝手に結び付けてます(笑)。 ■ 三浦大知に見つけた歌って踊れるボーカルのヒント ダンスを始めたのは、EXPGに入ってからです。ボーカルコースだったんですけど、リズム感を養うためにダンスレッスンも受けることになって、最初は嫌々やっていたんです。そんな中で先輩が課題曲として三浦大知さんの「Your Love feat.KREVA」を歌っているのを聴いてカッコいい曲だなと思って調べてみたら、こんなに踊りながら歌えてカッコいい人がいるんだと驚いて。三浦大知さんは今でも本当に憧れなんです。最近観させていただいた「飛行船」のパフォーマンスも圧巻で、やっぱりこの人に憧れていて間違いはなかったと思いましたね。今もなおその道を極め続ける貪欲な姿勢がすごく好きです。きっとあの人はどこまで行っても「満足する」ということはないんだろうなって。だからこそいつか三浦大知さんのことを超えたいとも思いますし、僕の大きな目標です。 ダンスを始めた頃の話に戻すと、自分は三浦大知さんのようになりたいと思ってダンスのレッスンもがんばるようになったんです。HIROさんからも「THE RAMPAGEはボーカルも歌って踊るグループにしたい」と言われていたんですよ。その期待に応えたい、応えられないならLDHに必要ないでしょうと自分を奮い立たせて、1日でも早く歌って踊れるようになろうと、より一層トレーニングやレッスンに励みました。トレーニングはつらいんですよ。所属しているのがコーラスグループだったらこんなに鍛えないです(笑)。歌って踊るボーカルが求められている以上、その期待に応えられるのがプロだと思うし、プロとしてエンタテインメントを発信するのであれば中途半端なものは見せられない。皆さんは決して安くはないチケットを買って、日々忙しい中で時間を割いて僕らのパフォーマンスを観に来てくれるんだから、チケット代の100倍、1000倍の価値のあるステージをお見せしなければと僕は思っていて。あと単純に僕は人が喜んでいる姿が好きで、その笑顔を見られるのであればつらいこともがんばれる。喜ぶ顔をもっと見たいから日々鍛えているんです。 ■ DOBERMAN INFINITYのKAZUKI、相方の川村壱馬&吉野北人との出会い 「EX SHOW」というEXPG生が出演できるステージがあるんですが、僕は「VBA4」を受ける前にDOBERMAN INFINITYのKAZUKIくんと一緒にそのステージに立ったんです。全国で開催される「EX SHOW」に2人で出演したんですが、歌がうまいKAZUKIくんと一緒に歌うという経験は、自分が劣っていると自覚したのと同時に、新しいものを吸収できた感覚もあって。あのときKAZUKIくんと一緒に歌えてなかったら、今の僕はなかったんじゃないかなと思うぐらい僕にとって大事な時間でした。別々のグループですが、2人共デビューすることができたので、今度はプロとしてKAZUKIくんと一緒に歌いたいなと思っています。 「VBA4」で出会った(川村)壱馬と(吉野)北人は、今でこそ相方ですが、オーディション中は同志でありライバルでした。僕はEXPGでそれなりに練習を積んでいましたし、「EX SHOW」での歌唱経験もあったりしましたが、壱馬と北人はオーディションに受かった時点ではそういう経験値がほぼゼロの状態で。そこから成長する2人の歌声を聴いていたら、あっという間に追い抜かれるかもしれないという危機感を覚えました。よりがんばる理由を僕にくれたのが2人の存在です。2人は同い年だし、グループのボーカルとしての活動以外にも、役者としても活動してTHE RAMPAGEの活躍の場を広げてくれています。だからこそ、僕はどっしり構えて2人を引っ張っていくぞと気が引き締まる。僕から2人に何かを与えられているかはわからないですけど、僕のボーカルとしての成長が2人を刺激できていたらうれしいです。 ■ LDHの先輩が与えた影響 ピアノを始めたのは、ほかのメンバーができないことをやりたかったのもあるし、デビュー前にSHOKICHIさんから「RIKU、絶対にピアノはできたほうがいい。俺は誰にも習わずに弾けるようになったから」って勧められたからです。SHOKICHIさんは「独学だから運指もぐちゃぐちゃだけど、そんなの関係なくない? 音楽にルールなんてないでしょ?」って電子ピアノをプレゼントしてくれたんです。SHOKICHIさんからいただいたピアノは今も使い続けていて、弾き語り動画でもいつも弾いていますし、生涯それしか弾かないぐらいに思っています。あ、でもSHOKICHIさんの家でグランドピアノを弾かせてもらったら欲しくなっちゃったので、将来先輩たちのように広い部屋に住むようになったらグランドピアノを置きたい。かなり高価なものですけど、SHOKICHIさんをはじめ先輩たちがそうやって「がんばれば夢は叶うんだよ」と夢の指針になってくれるので、僕も後輩たちにそういう姿を見せてあげたいです。 音楽への向き合い方としてはSHOKICHIさんからの影響が大きいですが、シンガー魂のところで言うと(数原)龍友さんからの影響が大きいと思います。龍友さんは2個上のいわば同世代。でもドームのステージでソロで歌っていて、がんばれば夢は叶うということを体現している身近な先輩です。龍友さんは場をすごく和ませてくれる方で、Jr.EXILEのライブのリハーサルのときも僕らのことをたくさん笑わせてくれました。そういう一面もありながら歌うとなったら誰よりも真摯なんですよね。リハーサルから全力で取り組む龍友さんの姿を見たときは感銘を受けました。音楽番組での名曲カバーも観てすぐに「よかったです」って連絡させていただいたら、「RIKUもこのままがんばっていればこういうチャンスは絶対にやってくるから、めげずにがんばれよ。ただめっちゃ緊張するぞ、あれ」って連絡をくださって。器が大きくて本当にカッコいいんですよ。だからこそ負けたくないと思うし、一緒に歌いたいとも思います。大好きな先輩です。 ■ 進化を続けるのはTHE RAMPAGEの“土台”であるため 世間的にEXILEといったらヒゲ、焼けた肌、筋肉じゃないですか。今ではあまりそんなこともないんですけど、その時代のEXILEを見てカッコいいと思ったから、そういう男らしい姿に憧れがあるんですよね。漢と書いて“おとこ”と読むような男に。僕はよくしゃべり方とか声の面で漢とは真逆のようなことも言われちゃいますけど、「マイクを持って歌ったら漢としてかますっしょ!」みたいなハートを持っています。歌う姿を見せたら誰にも文句は言わせねえぞというプライドがありますね。 そういう憧れもあって、2017年の初ツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 "GO ON THE RAMPAGE"」の前から体を鍛え始めました。鍛え始める前は60kgなかった体重も、今では70kg。脂肪の量は今のほうが圧倒的に少ないので増えたのは全部筋肉です。連日歌って踊るとなるとある程度体の軽さも必要なので、ツアー前には64kgまで絞るように調整しています。人間の体は20歳からどんどん老いていってしまうらしいんですよ。僕には「老いよりも進化するスピードのほうが速かったら進化し続けることができる」という持論があって、今のトレーニングを続けていたら33、4歳くらいまでは進化できると思っているんです。だから自己PR欄に「今が1番身体が強いです」って書かせてもらいました。今は心拍数が170とかになっても普通にしゃべれるぐらいになったので、3時間のライブでも一切バテない。僕はTHE RAMPAGEの土台を作る人間だという自負があるので、土台になるならそれぐらい当たり前だろって思っています。パフォーマーでは体が一番デカい(武知)海青がフォーメーションの中心に守護神のようにいてくれて、繊細なダンスでもクランプでもTHE RAMPAGEを体現してくれているので、僕はそのボーカル版になりたいんです。 10歳の頃、父とフリースタイルフットボールをやっていて「こんなに練習したのにこの技ができない」と泣き言を言ったら「“こんなにやったのにできない”んじゃなくて、練習量が足りないからできないんだよ。できるようになって初めて練習したって言えるんだよ」と言われたんです。その言葉は今も僕に残っていて、全部の活動に対して言えることだなって。歌はすべてを懸けてやってきたものなので、今の僕からそれを取ったら何もなくなってしまう。ボーカルは天職だと思っています。活動を続ける中でもちろんつらいこともありますけど、つらいときに自分を支えてくれたのも音楽だし、自分が音楽を発信することでそんな音楽への恩返しができたらと思っています。自分のように音楽に救われる人がたくさんいるはずだから、次は救う側になりたいです。 ■ RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)を作った14曲 ■ RIKU(リク) 1994年8月10日生まれ。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカリスト。2014年4月に行われたLDH主催オーディション「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 4 ~夢を持った若者達へ~」に合格し、THE RAMPAGEのボーカル候補生となる。同年9月に行われた「武者修行ファイナル」で正式メンバーに昇格。THE RAMPAGEとして2017年1月にシングル「Lightning」でメジャーデビューを果たした。毎週金曜日にはメンバーの陣と共にスペースシャワーTV「ライブを100倍楽しむLIVE YEAH!!!」、bayfm「WEEKEND THE RAMPAGE」にレギュラー出演している。グループとしては9月に12枚目のシングル「FEARS」をリリース。

【関連記事】