Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックス 中田ひとりにやられて最下位逆戻り 西村監督はバッテリーに苦言

配信

デイリースポーツ

 「日本ハム5-1オリックス」(28日、札幌ドーム)  オリックスは中田一人に2発5打点を許し、5日ぶりに最下位に逆戻りした。 【写真】無表情で降板するオリックスのアルバース  悔やまれるのは1点ビハインドの七回の守り。先発アルバースは2死までこぎ着けたが、三回に一発を浴びている中田のところで一塁ベンチは2番手・荒西を投入。ところがその荒西が初球143キロの直球を中田に左翼スタンド上段まで運ばれる痛恨の3ランを被弾した。  西村徳文監督は「初球ですから。バッテリーはもう少し工夫していかないといけないですね」と狙い撃ちされたバッテリーを責めた。八回からは若月に代えて松井雅にマスクをかぶらせた。  打線も四回にジョーンズに適時打で1点差に迫ったあと、無死一、二塁からT-岡田、ロドリゲス、若月が続けなかった。  六回には1死一、二塁からT-岡田が右前打を放ったが、二走・宗は本塁で憤死した。  「(宗のスタートが)遅れたのかなと思います」  26日・楽天戦で頭部死球を受けた大城は大事を取ってこの日は欠場。29日からは復帰の予定。  ベストメンバーに戻し、仕切り直す。

【関連記事】