Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実は意外とお買い得 「ThinkPad T14s Gen 1」を念入りにチェックしてみた

配信

ITmedia PC USER

編集担当 「もしもし、『ThinkPad T14s Gen 1』のレビューをお願いします!」 Webカメラにはプライバシーに対する配慮 筆者 「またまた、『T41s』の間違いじゃないっすか?」 編集担当 「いえいえ、『T14s』で間違いありません」  ……ということで、いきなりネーミングナンバーが若返ったThinkPad T14s Gen 1は、5月末に登場したThinkPad Tシリーズの新モデルだ。  既報の通り、レノボは2019年11月からThinkPadの製品命名ルールを変更し、整数部分でディスプレイサイズを表し、その後に世代を示す「Gen X」が続くようになった(Xは世代の数字が入る)。  同時期に登場したThinkPad Tシリーズには15.6型ディスプレイを搭載する「ThinkPad T15 Gen 1」と、14型ディスプレイを搭載する「ThinkPad T14 Gen 1」、そして今回取り上げる「ThinkPad T14s Gen 1」の3モデルがある。整数部分末尾の「s」は、今まで通り「モバイル利用を重視したモデル」という意味で、sのないモデルと比べるとスリムで軽い。  この記事では、“新世代”の幕開けに登場したThinkPad T14s Gen 1をレビューしていく。最後までぜひお付き合いいただきたい。

第10世代Coreと第4世代Ryzenを選べるスリムモデル

 ThinkPad T14 Gen 1とThinkPad T14s Gen 1、さらに加えて、これも同時期に登場した「ThinkPad X1 Carbon Gen 8」は、いずれも14型モデルということで、本体サイズや重量にどのくらいの差があるのか知りたくなる。  参考として、以下に最軽量構成の重量とサイズを示す。なお、ThinkPad T14s Gen 1については、フルHD(1920×1080ピクセル)ディスプレイモデルに加えて、括弧書きで4K(3840×2160ピクセル)ディスプレイモデルの値も示す。  T14と比べると、T14sはフットプリント(幅×奥行きで定まる面積)でほぼ同等ながら、わずかに薄くわずかに軽い。  ThinkPad X1 Carbonの歴代モデルと比べると、2017年モデル(5th Gen)までは大きく重く、2016年モデル(4th Gen)までさかのぼるとフットプリントがコンパクトながらも重く、さらに2015年モデル(3rd Gen)までさかのぼるとコンパクトかつスリムとなる。 【訂正:14時30分】サイズ感に関する説明を変更しました  ThinkPad T14s Gen 1には、第10世代Coreプロセッサを搭載する「Intelモデル」と、第4世代Ryzenプロセッサを搭載する「AMDモデル」が存在する。それぞれ2019年に発売された「ThinkPad T490s」「ThinkPad T495s」の後継モデルという位置付けだ。  モデル名は大きく変わったものの、その内実は「ビッグマイナーチェンジ」だ。CPUの世代が変わったこと、それに伴いメモリの動作クロック(周波数)が向上したこと、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応したことで基本スペックは向上し、キーボードのファンクションキーの一部機能が変更されてはいるが、ボディーの基本設計は先代のものを引き継いでいる。ディスプレイの構成が同じなら、公称のボディーサイズや重量も先代と同じだ。  T490s/T495sとT14 Gen 1を並べると、X1 Carbon(7th Gen)とX1 Carbon(Gen 8)の関係と同様に「間違い探し」になると思われる。  ちなみに7月2日現在、T14s Gen 1のカスタマイズ(CTO)モデルで選択できるCPUは以下の通りとなる。 Intelモデル ・Core i5-10210U(1.6G~4.2GHz、4コア8スレッド) ・Core i5-10310U(1.7G~4.4GHz、4コア8スレッド、vPro対応) ・Core i7-10510U(1.8G~4.9GHz、4コア8スレッド) ・Core i7-10610U(1.8G~4.9GHz、4コア8スレッド、vPro対応) AMDモデル ・Ryzen 3 PRO 4450U(2.5G~3.7GHz、4コア8スレッド、AMD PRO対応) ・Ryzen 5 PRO 4650U(2.1G~4GHz、6コア12スレッド、AMD PRO対応) ・Ryzen 7 PRO 4750U(1.7G~4.1GHz、8コア16スレッド、AMD PRO対応)

【関連記事】