Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気のBIGシルエットが確実にうまくいく「メンズアイテム」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GISELe

ひと言でBIGシルエットといっても、その見極めは難しい。ならば確実性のあるメンズアイテムで手早く解決を。全体のシルエットに加え、肩の落ち感、長いそでなど、サイズの「ズレ」が隙となり、女っぽさに転じることも。「どこかにメンズ」で得られる意外なメリットとは? すべてのスタイリングはこちらから MEN’S SIZE KEY ITEM 01 DANDY SHIRT (pink / open collar) MOOD きゃしゃになった気分になれるそでの余剰 レディースのBIGシャツと決定的に異なるのは「そで」の長さ。レディースなら、身幅が広くても「着やすいそで」に設計されているはずだから。手が隠れるほどのメンズシャツ。腕が泳ぐようなそでの余白が、かえって気だるい女っぽさに転じる好例。

甘くはなりえない。「メンズのピンク」という必然性 シャツ(メンズ) 34,000円+税/エキップモン(サザビーリーグ) 手に持ったカーディガン(メンズ) 7,500円+税/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) スカート 17,000円+税/ギャルリー・ヴィー(GALERIE VIE 丸の内店) サングラス 39,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) ネックレス 13,000円+税/ローラ ロンバルディ(カレンソロジー 新宿) バッグ 98,000円+税/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京) パンプス 39,000円+税/メゾン エウレカ(ジャーナル スタンダード 表参道) ルーズなえり元と肩の落ち感がむしろセンシュアル。 MEN’S SIZE KEY ITEM 02 GENTLE JACKET (green / collarless) MOOD ジャケットなのにハズしになるオーバーサイズ もともと硬派なイメージのジャケットを、サイズ自体もメンズに目を向け、ハンサムなスタイルを追求。あえてワンピースに合わせれば「くずす」役割としても個性を発揮。見極めるべきは「肩」。堅苦しいだけに終わらないドロップショルダーがベター。

【関連記事】

最終更新:
GISELe