Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴木保奈美、『35歳の少女』で柴咲コウの母親役 遊川作品に「まっさらな気持ちで挑みます」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 女優の柴咲コウが主演を務める10月10日スタートのドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、女優の鈴木保奈美が出演することが発表された。柴咲演じる主人公の母親役を務める。柴咲と鈴木は初共演。 【写真】柴咲コウ、『〇〇妻』で美しい白無垢姿を披露  本作は、10歳の時に不慮の事故で長い眠りにつき、25年後に目覚めた女性の、“時をこえた”成長物語。柴咲が“35歳の少女”である主人公・今村望美役、坂口健太郎が望美の初恋の相手・広瀬結人役を演じる。スタッフは『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結。柴咲が主演した2015年1月期放送のドラマ『〇〇妻(まるまるづま)』以来5年ぶりに、柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組む。  1995年。不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、今村望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。そして、2020年。心は10歳、だけど体は35歳。25年ぶりに少女が目覚めた。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも、望美は未来を生きる。  鈴木が演じるのは、望美の母親・時岡多恵。25年間、娘の意識が戻ることを信じて見守り続けた母親という、物語の軸となる役どころだ。望美の事故後、夫と離婚し、2人の娘を女手ひとつで育ててきた多恵。望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として働きづめ。みんなに降り注いでいた笑顔は消え、頼れるのは自分だけになってしまった。いつか娘が目覚めることだけを信じて生きてきたが、その夢がかなった時、彼女の時計は別の方向に動き始める。  鈴木が遊川脚本作品に出演するのは今回が初。鈴木は「大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話をいただいたときは本当にうれしかったのです。が、観ると演るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます」と話し、「バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎える頃、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います」と語っている。  土曜ドラマ『35歳の少女』は、日本テレビ系にて10月10日より毎週土曜22時放送。

【関連記事】