Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『破局』遠野遥は、文芸界のニュースターだ! 新芥川賞作家を書評家・豊崎由美がメッタ褒め

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

新芥川賞作家、遠野遥の『破局』が素晴らしい、書評家・豊崎由美が興奮。その優れた語りの資質は、「芥川賞受賞者記者会見」の発言に表れていた。 【画像】確かに米津玄師並みの毛量! 「全然、自分ではそんな変なキャラクターにしようとか思ってなくて、逆に、もう人によってはけっこう、気持ち悪いとか、共感できないとか、怖いとかおっしゃるんですけど、そんなふうに書いたんじゃないのになって思いますね。もう少し親しみを持っていただけたらと思います」 (作家・遠野遥 2020年7月15日 第163回芥川賞受賞者記者会見にて)

私としては笑顔のつもりでやってたんですけど

SF翻訳家にして書評家の大森望と長年にわたって芥川賞&直木賞のウォッチングをつづけ、『文学賞メッタ斬り!』シリーズなんて対談本まで出しているわたくしですが、第163回芥川賞を『破局』で受賞した遠野遥にはいろんな意味で目を瞠りました(同時受賞は『首里の馬』の高山羽根子)。ニコニコ生放送が芥川賞と直木賞の受賞記者会見を中継するようになって以降、当否の連絡を待ちくたびれて「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」と明かした西村賢太(第144回『苦役列車』)や、当時選考委員にして都知事だった石原慎太郎を挑発するかのように「もらっといてやる」と言い放った田中慎弥(第146回『共喰い』)など、話題を呼んだ芥川賞受賞者は何人かいるのですが、遠野遥はそのいずれにも似ていないんです。 まずは、米津玄師ばりの毛量による今時のヘアスタイルと趣味のいい細身のスーツをシュッと着こなしたお洒落なルックスが、これまでの純文学界では異質。でもって、新聞の文芸記者に対する受け答えがニュータイプ。 朝日新聞 今、意外でした、というお話ですけども、うれしさのようなものは? 遠野 ああ、うれしさ。そうですね、ノミネートされると、結果が出るまでけっこうそわそわしてしまうんで、それをもう経験しなくていいっていうのはうれしいですね。 朝日新聞 受賞よりもですか。 遠野 え? 朝日新聞 受賞自体よりもそっちのほうがということですか。 遠野 受賞。まあ受賞、受賞できたほうがいいとは思います。 (トヨザキ註・遠野氏は写真撮影時以外は、ずっとマスクをつけっぱなしだった) 読売新聞 どうも、読売新聞の鵜飼といいます。先ほど写真撮影のときに文藝春秋の代表カメラマンが、ちょっと笑顔でというPRがあったんですけども、終始一貫、白い歯がこぼれなかったんですけども。 遠野 いや、私としては笑顔のつもりでやってたんですけど、そうは見えなかったですかね。それは残念ですけど。 読売新聞 そうでしたか。今日、吉田修一選考委員が、主人公というのが、ある種、一方で、社会のマナーに対して神経を使いながら、一方で行動というのが一致していないところがおもしろいってあったんですけど、白い歯を見せないとか笑顔をしないっていうのが、独特の、作者によるマナーなのかなとも思ったりしたんですが。 遠野 いや、そんなことはないです。笑ってるほうが、感じがいいですよね。だから。 読売新聞 じゃあ今、マスクの下には笑顔が。 遠野 そうです。 読売新聞 ちょっと見せていただけます? 遠野 いや、ちょっと、ウイルスとかあるんで。 この慶事を家族には連絡していないのに、『文藝』の新人賞を同時受賞した宇佐見りんさんには報告したとか、おもしろい受け答えを引用紹介しているとキリがないのでこのへんでやめておきますが、遠野氏はずっとこの調子で、会見場にいた記者のみならずニコ生の中継を見ていた人からも苦笑や爆笑、さまざまなトーンの笑いを引き出す受け答えを、自身は表情ひとつ変えずにつづていたのでした。 で、中でもトヨザキが注目した、というか唸ったのが今回冒頭に挙げた言葉だったんです。遠野氏は受賞作の主人公のことを「自分ではそんな変なキャラクターにしようとか思ってなくて、逆に、もう人によってはけっこう、気持ち悪いとか、共感できないとか、怖いとかおっしゃるんですけど、そんなふうに書いたんじゃないのにな」と言っていますが、すでに作品を読んだ方なら、わたしと一緒に「いや、ヘンだから!」とツッコミを入れてくれるはず。ただ、この「ヘン」は目に見えてわかりやすい現象としての「ヘン」ではなく、誰もが被っているペルソナの下に隠された「ヘン」であるのは確かで、それが『破局』を素晴らしい小説にしているんです。 ■二重構造を生み出す語りのテクニック 主人公の〈私〉は母校の高校ラグビー部でOBとして練習を手伝いながら公務員試験突破を目指している大学4年生。政治家志望の意識高い系の彼女・麻衣子はいるものの、最近はあまりうまくいっていなくて、そんなとき、友人のお笑いライブを観に行った会場で灯という1年生の女の子と知り合って──。 と紹介すると、大学のキャンパスを舞台にした青春恋愛小説かと思うかもしれませんが、さにあらず。〈私〉のキャラクターが、そんな物語になることを許しはしないのです。将来設計は堅実だし、女性には優しいし、生活態度も良好だし、倫理観も申し分ない。言動の表面だけをなぞっていくとまとも過ぎるくらいまともな〈私〉なのですが、その「まとも」さを支えているのはマナーや常識といった外部から与えられた規範に基づく自分ルールで、思考停止のままそうした自分ルールというレールにただ乗っかって動いている人物だということは、物語のしょっぱなから作者によって示唆されているんです。 高校ラグビー部の練習のあとは監督の佐々木に肉をご馳走になるのがルーティンになっているのですが(そうしたルーティンから逸脱することに慣れない〈私〉は、それゆえに物語後半で肉の供宴が佐々木の都合で中止になると、かなり不穏な内面を明らかにする)、物語冒頭、佐々木の家に向かう車中で飼い主がいないチワワを見かけるエピソードがその一例になっています。信号で止まった車の中にいる〈私〉から目を離さないチワワ。それを気にする〈私〉。しかし、〈そのうちに車が動いたので、チワワはすぐに見えなくなり、私はもうチワワの心配をしなくて済んだ〉。見えないものは存在しないも同然とばかりのこの〈私〉の合理性は、同じパターンでその後も何度か繰り返し読者に提示されます。 朝は早く起き、きちんと朝食をとり、ベッドの上で仰向けになって左手で自慰をし、シャワーを浴び、大学へ向かう。お笑いライブの会場で脚を露出した女性(あとで灯ということがわかる)と隣り合わせになり、わざと自分の脚をぶつけようとするものの〈自分が公務員試験を受けようとしていることを思って〉やめる。女性に親切にするのは小さいころに亡くなったからほとんど思い出がない父親が〈女性には優しくしろと、口癖のように言っていたのだけはよく覚えてい〉て、〈どうして女性に優しくしないといけないのかはわからないが、(中略)ひとつしか覚えていないのだから、せめてそれくらいは守っていたかった〉から。自分に好意を抱いている灯から、公務員試験が終わったお祝いにチョコレートケーキを作ったから家に来てほしいと誘われれば、自分には彼女がいるからそれはできないといったんはきちんと断るものの、ちゃんと言った上でならいいだろうとばかりにキスはして、でも、そのときに抱くのは〈灯の首は、私の前腕ほどの太さしかなかった。もっと筋肉をつけないと、これではあまりにも危ない〉という性欲ともロマンティックとも無縁の感慨。 読み進めれば進めていくほどに、〈私〉の内面の薄っぺらさや思考停止ぶりが明らかになっていくのですが、それは作者によって〈私〉の心の声を教えてもらっている読者にだけわかることで、この物語の登場人物らにとっては、〈私〉はおもしろみには欠けるものの好青年であることに変わりはない。この二重構造を生み出す語りのテクニックを存分に活かしているのも、『破局』の美点のひとつなのです。

【関連記事】