Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

指原莉乃の“ネット巧者”ぶり 記者もバランス感覚に感嘆

配信

NEWS ポストセブン

“コメンテーター・指原莉乃”の発言がまたも世間の注目を集めている。5月17日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、SNS上で巻き起こった「#検察庁法改正案に抗議します」運動が取り上げられた際、指原はこのように発言したのだ。少々長くなるが、引用したい。

「知っている人がそういうふうに広めてくれて、勉強する、関心を持つという点ではすごく良いなと思いました。自分も関心を持てたので。ただ、今回のTwitterで言うと、すごく簡単に表された(関係者の)相関図とかが拡散されて、ここまで大きくなったと思う。でも『本当にそれを信じていいのか?』とか。双方の話を聞いて勉強せず、偏ったものだけ見て、『そうだったの!? ヤバい! 広めなきゃ!』っていう人が今多い感じがする。正直この件に関しては、私はそこまでの信念がなかったので呟けなかった。(Twitterでファンから)『どう思うんですか?』みたいなのは来ていましたが、やっぱり私はそこまでの固い信念が持てるほど勉強していなかった。Twitterに投稿している人、みんながみんな勉強していないとは全く思わない。もちろん勉強した上で書いている人もたくさんいると思うんですが、もしかしたら、たったひとりが言っていることを信じて書いている人もいるんじゃないかと思っちゃいました」

 指原のこの発言に対して、ネット上では、「だんまりは検察庁法改正に賛成と同じ」「政権に都合のいい姿勢だ」「それなら勉強すればいいだけ」「政治は本来もっと気軽に関わっていいものだ」のような反論も寄せられた一方、「拡散されたものだけを信じていいのか?」という不安は多くの人々が共感できるものだったらしい。「冷静な考えだ」と称賛する声も相次いでいる。

「問題意識をもって拡散した人々を不勉強扱いしているようだ」と批判する声もあるが、あくまで指原は、「みんながみんな勉強していないとは全く思わない。もちろん勉強した上で書いている人もたくさんいると思う」とフォローしている。「様々な意見を知ってからではないと判断できない」という個人の考え自体は、それほど批判されるべきものではなく、むしろ非常に穏当なものではないだろうか(その“穏当さ”こそが「政権にとって都合がいい」と受け止められているのだろうが……)。

【関連記事】