Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックス「超大型助っ人」アダム・ジョーンズの成功条件は? 2つのカギと、一抹の不安

配信

REAL SPORTS

4度のゴールドグラブ賞に、5回のオールスターゲーム選出。現役バリバリのメジャーリーガー。球団の助っ人史上最高額の3年で最大17億円の超大型契約。今オフ、オリックス・バファローズが獲得したアダム・ジョーンズを表現する言葉は枚挙にいとまがない。 これまでにも日本野球界に鳴り物入りで来日した助っ人外国人は大勢いたが、前評判通りに活躍できた選手ばかりではなかったのが現実だ。果たしてアダム・ジョーンズは成功できるだろうか? 2つのキーポイントと、不安要素を考察したい。 (文=花田雪)

正真正銘、現役バリバリのメジャーリーガーにファン、メディアも大注目

2月1日から27日まで宮崎県・清武総合運動公園で行われたオリックス・バファローズの春季キャンプは、例年に比べて活気づいて見えた。 昨季は3年ぶりとなるリーグ最下位に終わるなど、5年連続でBクラスに低迷。チームとしては結果が出ているとは言い難い。 それでも多くのファン、メディアがオリックスのキャンプ地を訪れたのにはいくつか理由がある。 一つは山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚といった、東京五輪出場も期待されるスター選手の存在。チーム成績は振るわなかったが、人気・実力を兼ね備えた彼らの姿を一目見ようと、多くの観客がSOKKENスタジアムを訪れた。 また、彼ら以外にも榊原翼、若月健矢、福田周平、西浦颯大、小田裕也といった女性人気の高い選手が多いのもキャンプの集客に一役買ったはずだ。 しかし、今季のオリックスには彼らを凌ぐほどの注目を集める選手がいる。 それが、アダム・ジョーンズだ。 メジャー通算1939安打、282本塁打を誇り、昨季もアリゾナ・ダイヤモンドバックスで137試合に出場、打率.260、16本塁打を記録。オールスター出場5回、ゴールドグラブ賞4回の正真正銘のスーパースターだ。 現役バリバリのメジャーリーガーの加入は大きな話題を呼び、キャンプ地の売店には新外国人選手としては異例の「アダム・ジョーンズ コーナー」まで設置されていた。 練習中も、ジョーンズの一挙手一投足をメディアが追いかけ、彼が動くとカメラが動く……そんな現象も見られた。 すでに注目度は抜群。次に気になるのは当然、「ジョーンズは日本でも活躍できるのか?」だろう。 日本球界には「現役メジャーリーガー」の触れ込みで来日した選手が過去にも大勢いた。前評判通りの活躍を見せる選手もいれば、期待とは程遠い成績で日本を去った選手もいる。 果たしてジョーンズは前者か、後者か――。

【関連記事】