Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熱海刺傷事件の「岩本和子」が復帰 仕事も子供も失って…立ち塞がる“前事務所”の壁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 2012年の「国民的美魔女コンテスト」出場を足がかりに芸能界デビューした“熟女グラビアアイドル”岩本和子(44)が逮捕されたのは、昨年5月のことだった。後に不起訴となった彼女は、7月20日に復帰写真集『独白』(小学館)を発売。活動を本格的に再開させたのだが、そこに前事務所の壁が立ち塞がり……。 【写真】「男のコトなんてどうでもよかった」岩本和子本人が事件について語る  ***

 7月25日、東京・渋谷の「HMV&BOOKS」で岩本の写真集発売イベントが行われた。当初は6月に予定されていた発売はコロナ禍で延期され、またファンとの交流もアクリル板越しに。それでも来場者数は50名を超えたという。  事件以来、岩本が報道陣を前にするのは初。そこで彼女は、 「(事件について)一生、言われ続けると思いますが、受け止めていきます。自分が表現したい活動をやらせていただけることをお許しいただけるならば」  と語ったが、その一方で、前事務所との“賠償金”をめぐるトラブルについて「これから解決していかなくてはいけない」とも話した。その詳細を紹介する前に、まずは岩本が起こした事件について振り返っておこう。

男のコトなんてどうでもよかった

 舞台となったのは、静岡県・JR熱海駅の構内だった。2019年5月18日、岩本は交際していた男性の頬をカッターナイフで切りつけたとして、傷害容疑で逮捕された。男性との間にできた子を、堕胎した翌日のことだった。  今回、取材に応じた岩本本人が語る。 「今となっては、どこに惹かれたのかも分からないのですが……。男性とは知人の紹介で知り合いました。私には『バツイチだ』と説明していました。妊娠していることは、交際を始めて数カ月が経った時に分かりました。ふとした時に吐き気を催すようになり、妊娠検査薬を使うと“まさか”。この時、私は43歳になったばかり。自分が母になれるとは思っておらず、戸惑いもありましたが、神様からのプレゼントだと嬉しかったんです」  女手ひとつで自分を育ててくれた母、そして交際相手の男性にLINEで妊娠を報告した。だが、男性から返ってきたのは「考えます」という素っ気のない言葉。以降、徐々に連絡が取れなくなったというが、その後も妊娠中であることは公には伏せたまま、芸能活動は続けていた。当時、週刊誌のグラビアページを飾るなど、グラドルとして精力的に活動していた最中で、初の主演映画『魔酔』公開という大仕事も控えていた。 「これは妊娠した経験のある方だと分かってくださると思うのですが、別に男のコトなんてどうでもよくなる、お腹で育つ命のことだけで頭がいっぱいになるんです。だから交際相手がどんな態度だろうと、あまり深刻には受け止めていませんでした。とはいえ、今後のことは話し合わなければなりません。そこで、男性の自宅の最寄り駅に行き、話し合いをしたんです」  男性は「認知しない」の一点張り。「逃げるつもりだったんでしょうね」と岩本は言うが、その時、偶然にも男性の妻と遭遇してしまう。そして初めて、岩本は相手が妻帯者だったと知った。  岩本と夫との関係を知った妻からは「堕ろしてくださいね」と言われたという。 「相手に奥さんがいたことや、この言葉が事件の引き金になったわけではありません。こんな環境で生まれてくる子供がかわいそうになってしまったんです。その時すでに妊娠5カ月2週目くらいで、日に日に母性本能が強くなっていました。母体のことを考えると、決断は急がなくてはならない時期にきていました。妊娠が分かった時に、奥さんがいると言ってくれれば、また違ったかもしれません。妊娠3カ月の時に決断するのとでは、精神的にも、また違ったと思います」  現実逃避のため、妊娠中でも使用できる睡眠薬に頼るようになった。情緒不安定の状態で、意味不明の言葉をSNSに投稿したりした。そして5月17日、お腹の子との別れの日を迎える。幸せの絶頂から、1週間での急展開であった。生まれなかった娘には「夢」と名づけた。  本来であれば、処置後1週間は安静にしなくてはならないところ、病院を出たその足で、岩本は仕事へ向かっている。午後8時から、主演映画の初日舞台挨拶があったからだ。舞台で何を話したのかはほとんど覚えていないと、岩本は当時を振り返る。舞台挨拶を終えた後、22時頃には帰宅することができたが、「化粧を落としたかどうか分からない」まま眠りについた。

【関連記事】