Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

県立高入試 面接見送り 来年3月、感染リスク回避

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日報

 県教委は2021年度の県立高入学者選抜の一般入試(来年3月9日)で、面接の実施を見送る。新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、生徒が密集する3密を防ぐほか、換気などの対策に万全を期す。学科試験と調査書の配点は例年通りとする。  コロナの広がりに備えた日程調整の一環で、合格者発表は6日遅らせて3月23日と設定した。  そこで確保した時間を活用して、学科試験間の休憩を15分から25分に拡大。換気を十分に行い、トイレ利用の分散化も図る。朝の集合時間は従来通り午前8時半だが、混雑が予想される学校は時間差を設ける。  一般入試での出題範囲は縮小せず、中学校学習指導要領に沿った内容で実施する。

【関連記事】