Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

圧巻の攻撃力で大分を退けた大津が6得点快勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 8月1日から3日にかけて熊本県内で開催される「2020 強化交流 U-18 サッカーフェスティバル in 大津」。同大会2日目の第2試合大津(熊本)と大分(大分)の一戦は、大会通じて凄まじい攻撃力を展開する大津が6得点を奪い大分に勝利した。 【フォトギャラリー】大津 vs 大分  序盤からテンポ良くボールを動かし相手に守備網を敷かせない大津に対し、大分は不用意に奪いに行かず中央を固めて決定機を許さない。やや大津テンポで試合は進むなか、最初のビッグチャンスは大分。  前半15分、ハーフウェイライン付近で得たフリーキックを10番FW堤聖司が頭で競り勝つと19番MF青山京志郎がフリーで受けてGKと1対1を迎えるも、右に流したシュートは無情にもポストを直撃しリフレクションをGKがキャッチ。大津は肝を冷やす。  大分が頭を抱える間に大津の速攻。同16分大津、右からショートパスで運ぶと中央スルーパスを受けた9番FW半代将都がGKの位置をしっかり見て正面やや右からダイアゴナルに流し込みゴール、1-0と先制する。このゴールを皮切りに、大津攻撃陣がフルスロットル。  同30分、大津は右サイドを14番MF杉山佳宏が仕掛けて得たフリーキックを7番MF大島清が左足インスイングで蹴るとGK前で9番FW半代将都がすらすとGK1歩も動かずゴール、2-0とリードを広げる。 更には前半ロスタイム大津、中央で受けた13番FW坂本充がペナルティエリアやや外から左足を振り抜くとボールはゴール右隅へ決まり、3-0で大津がリードし試合は後半戦へ突入する。  後半立ち上がりから前線のメンバーを大幅に変更した大津だが、その攻撃力は衰えるどころか更に勢いを増す。  後半14分大津、右から20番MF宮永陸王のクロスを中央で18番FW池田周平がジャンピングボレー。綺麗にミートしたボールはゴールに刺さり追加点。リードを4点に広げる。  同31分にも大津、左サイドを突破した23番DF日高華杜が相手陣内へ深く進入しクロス、GKの手をかすめたボールをファーに詰めた20番MF宮永陸王が頭で押し込みゴール、5-0とする。  そして同ロスタイムに大津は5点目と似た形で左サイドを23番DF日高華杜がドリブルで突破、今度はグラウンダーでマイナスに送るとクロスに走り込んだ20番MF宮永陸王が蹴り込み6点目。  このまま試合は終了かと思われたが、ここから大分の猛攻。同ロスタイム、左からのパスを11番FW齋藤優がディフェンスラインの背後で受けるとGKを交わし無人のゴールへシュート、1-6と1点を返す。  立て続けに同ロスタイムに大分は、14番FW石丸音生がシュートを打ち切れぬも高い位置でキープ、落としを22番MF尾藤啓太が豪快に突き刺しゴールを奪った所で試合は終了。  大津が圧倒的な攻撃力をみせつけ食らいつく大分を下した。 (文・写真=編集部)

【関連記事】