Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【首都高今むかし】東京オリンピック開催の1964年当時と現在を比べてみた 「速度制限は?料金は?風景は?」

配信

モーサイ

1962年に開通した「首都高」こと首都高速道路。首都圏の交通・物流の要であるのはもちろんだが、東名高速、中央道、東北道、常磐道など、各高速道路へのハブとしても機能しているので、首都圏在住のライダーでなくてもツーリングに行く際など通行したことのある人は多いのではないだろうか。 【画像ギャラリー12点】鈴ヶ森、汐留、銀座の1964年当時と2020年現在を見比べる 1964年の東京オリンピックに向け開発が加速したと言われる首都高だが、開通黎明期はどのような道だったのだろうか。バイク雑誌『モーターサイクリスト』の姉妹誌で、1964年に創刊された自動車専門誌『driver』がまさに1964年の首都高の様子を取材していた。『driver1964年6月号』の誌面から、当時の首都高にタイムスリップしてみよう。

まだ首都高を体験した人は少なかったはず

東海道新幹線、東京モノレール、数々の高層ホテル。1964(昭和39)年の東京オリンピック開催に向けて、東京には新しいインフラが次々と出現した。首都高もその一つだ。 正式名は首都高速道路。オリンピック会場や宿泊施設がある都心と、海外から選手や観客を迎える羽田空港の間のアクセス向上を目指し、建設は都心環状線と高速1号羽田・上野線から進められた。 初めて開通したのは、1962(昭和37)12月の京橋-芝浦間(4.5km)。1年後の1963年12月には、本町-京橋(2.2km)、呉服橋-江戸橋JCT(0.6km)、芝浦-鈴ヶ森(6.1km)の各区間が開通している。

タイトルの航空写真は、首都高初の分岐部となった前述の江戸橋JCT。呉服橋と反対方面に分岐する6号向島線は、もちろんまだ存在しない。向島まで伸びるのは1971年3月のこと。 名神高速の初開通は1963年7月の栗東-尼崎間。首都高はそれより半年以上早いが、「日本初の高速道路」とは言われない。分類上、首都高は高速道路(高速自動車国道)ではなく、自動車専用道なのだ。「高速1号線 とはいいますが高速の字にとらわれないよう ご注意!! ご注意!!」と記事には書かれている。

【関連記事】