Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

峯田和伸&橋本マナミが山形弁を披露! 岡本かの子の傑作小説を映画化、『越年 Lovers』予告編公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

岡本かの子の傑作小説を映画化した『越年 Lovers』の予告編が公開された。 本作は、日本の山形県、台湾の首都・台北と海辺の町・彰化(しょうか)県、そしてマレーシア・クアラルンプールの3つの地を舞台に紡がれるラブストーリー。監督がインスパイアされた美しい山形の雪景色を背景に描かれる日本パートでは、数年ぶりに帰郷した主人公・寛一と幼馴染で初恋の相手である碧の物語を展開。同県出身の峯田和伸(銀杏BOYZ)と橋本マナミが、それぞれ寛一と碧を演じる。 それぞれの街で素直になれない男女の恋が描かれる本作は、台湾パートに“ピピ”の愛称で親しまれるヤオ・アイニンが出演。岡本の短編小説集に感銘を受けた台湾出身の女性映画監督グオ・チェンディ(郭珍弟)が脚本・監督を務め、ノスタルジーと旅情を誘う映像美で紡いだ。同じ越年にもかかわらず、北国・山形のマイナス20℃の雪景と30℃を超える灼熱のクアラルンプールとのコントラストが映し出された本作について、グオ監督は「それは、時に冷め、時に熱を帯びる愛情のプロセスのようでもあった」とグオ監督は語っている。本作が初めてお披露目された2019年11月に開催の「第15回山形国際ムービーフェスティバル2019」には地元ファンが押し寄せ、大きな称賛を受けた。 今回公開された予告編は、積もった雪にはまり動かなくなった車を動かそうとする寛一が数年ぶりに幼馴染の碧と再会するシーンから始まる。「あんたら何やってんの~」と可愛らしい山形弁で語りかける碧に、少し気まずそうに「…やあ」と返事をする寛一。喫茶店を訪れた二人だったが、寛一が昔話を持ち掛けると、碧はそっけない様子でその場を立ち去ってしまう。ここで一旦、マレーシアパート、台湾パートに切り替わり、会社を出ようとしたシャオラン(ヤオ・アイニン)がエレベーター前で待ち伏せしている男・インシューにいきなりビンタされ半泣きになる様子や、亡き母の家を片付けながら「母のような人生はイヤよ」つぶやくモーリーの片づけを手伝うチェンナンが寄り添う様子が映し出される。舞台は違えど、共通するのは相手に本心をぶつけることができない、こじれた男女の姿だ。オトナ女性が共感せずにはいられない『越年 Lovers』は12月18日(金)に山形・仙台の2都市で先行公開され、2021年早春に全国公開される。 『越年 Lovers』(C)2019映画「越年」パートナーズ 12月18日(金)山形・仙台先行公開、2021年早春全国公開

【関連記事】

最終更新:
ぴあ