Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<コロナ禍のパレスチナ写真報告2>「ロックダウン」のガザ 市場、モスクまで完全に閉鎖、医療現場はひっ迫(写真7枚)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アジアプレス・ネットワーク

ガザでは8月24日に初の新型コロナ感染者が出たことで、「ロックダウン」が始まった。10月現在、一部緩和されたが、この問題が解決されたわけではない。9月末、病院や路上、モスクを撮影した写真が届いた。取材・撮影はガザ現地の人たちを通して行った。(構成:古居みずえ/アジアプレス)

◆イスラエルの封鎖でピンチの医療現場

ガザの累計感染者数は10月7日現在で、3700人(ガザ自治政府保健省)。長年のイスラエルによる封鎖で医療体制が脆弱で、医療器具や医薬品が不足するなど、状況は緊迫している。 ガザの病院はコロナ患者専用の病院と一般患者専用の病院と分けてられる。ガザ南部にあるこの病院は一般患者専用だ。感染していることが分からず病院に来る患者がいるため、医師はコロナ防護服を着て診療にあたる。 医師が患者にコロナウイルスに感染していると疑った場合、病院内の隔離部門でコロナの検査が行われ、結果が陽性の場合、緊急にコロナ患者専用の病院に移される。

◆通りから人の姿は消え、モスクも閉鎖

通常、ガザではどこの町に行っても、どの難民キャンプに行っても、通りにはたくさんの人たちで溢れている。しかし8月25日、町からキャンプから人々が姿を消した。世界ではロックダウンというが、パレスチナでは外出禁止令と呼ぶ。イスラエルの軍事占領下で使われる言葉がそのまま使われている。自治政府はコロナの拡散を防ぐために、海、港、およびそれらを取り巻く通りを閉鎖した。

イスラム教徒のお祈りは生活の一部となっていて、一日5回の祈りはかかせない。毎日たくさんの人たちがモスクに来るが、外出禁止令が出てからは閉じられたままだ。 誰もいないモスクで一人祈る男性がいた。

◆市場は封鎖 それでも生きるために屋台を開く者も

野菜と食品の日常生活用品に関して、自治政府はこれらの必要に対応するようにいくつかの店を開くように割り当てている。ただし、全員がコロナの予防のため、社会的距離を保ち、商店主もお客もマスクをし、アルコール消毒を遵守することとしている。

ガザでは若者の失業率は70%を超える。路上で野菜や果物を販売している人も多い。外出禁止令により市場が完全に閉鎖され、商売をしていた人たちは仕事ができなくなった。生きるため、家の近くや路上で野菜や果物を販売する屋台を出す人もいる。

◆道路封鎖は一部緩和したが…

ガザ地区はコロナ感染者が出てから、5つの行政区に分けられ、外出禁止令が出された。今では一部の地域は解除されているが、学校やモスクは依然、閉じられたままだ。 道路は警察によって封鎖されていたが、10月始めに道路封鎖は緩和された。行きかう車はパレスチナ警察がチェックしている。

【関連記事】