Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「いい会社の見分け方」は「中古物件の賢い買い方」と同じだーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

配信

リクナビNEXTジャーナル

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田紀房先生の『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』です。

『エンゼルバンク』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。 名作マンガは、ビジネス書に勝るとも劣らない、多くの示唆に富んでいます。ストーリーの面白さもさることながら、何気ないセリフの中にも、人生やビジネスについて深く考えさせられるものもあります。そうした名作マンガの中から、私が特にオススメしたい奥深い一言をピックアップして解説します。 (c)三田紀房/コルク 【本日の一言】 「ほめ言葉の常套句が並んでいる商品の価値は疑ってかかれ」 (『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』第5巻 キャリア39より) 龍山高校の英語教師だった井野真々子(いのままこ)は、10年目にして仕事に飽きてしまい、転職を決意します。井野は、かつて一緒に働いていた弁護士の桜木建二(さくらぎけんじ)に相談。桜木は以前、経営破綻の危機にあった龍山高校で教鞭を取っていた時期があり、東大合格者を輩出することによって当校を救った救世主でした。 井野から話を聞いた桜木は、転職エージェント会社の転職代理人・海老沢康生(えびさわやすお)を紹介。井野は海老沢の下でキャリアパートナーとして働くことになりますが…。

一見、褒め言葉が並んでいるように見えても…

「自分は転職代理人に相応しいのかどうか?」と悩んだ井野は、この仕事に就くきっかけをつくった桜木のもとを訪ねます。桜木が「まずは100人を転職させろ。その際に、関わった会社をよく観察するんだ」とアドバイスすると、井野は「会社なんて、業種以外にそんなに違いはないはず」と反論します。ところが桜木は、「それは思い込みだ」と言います。 桜木から「いい会社の見分け方とは、中古物件の賢い買い方と同じだ」と聞かされ、驚く井野。試しに井野に「今、自分が住んでいる賃貸物件の売り文句を書き出してみろ」とお題を出します。半信半疑ながら、井野が書き出した宣伝文句とは、「築浅で綺麗な部屋、コンビニが近くて便利、静かな住宅街」といったものでした。これを読んだ桜木は、「コンビニが近いということは、近くにスーパーがない、ということを表している」と指摘します。 「静かというのは、同時に駅から遠いことを伝えてもいる」のだ、とズバリ言われた井野は、返す言葉がありません。桜木は「本当にいい物件なら、こんな抽象的な言葉ではなく、もっと具体的な表現が思い浮かぶはず。これは、いい会社を探す時もまったく同じだ。自分たちの強みを理解している会社は、求人広告の言葉にも熱がこもる。このように、表の情報から裏に潜む本質を見抜けるようにならない限り、ニセモノをつかまされる。これが世の中の真理だ」と語るのでした。

【関連記事】