Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AFCがブンデスで活躍のアジア人10人選出。日本からは奥寺康彦、長谷部誠、香川真司

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 新型コロナウイルスの影響で中断されていたドイツ・ブンデスリーガが現地時間16日から再開されるのに合わせ、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトではこれまでブンデスリーガで特に実績を残したアジア出身選手10人を選出している。 【驚愕サッカー動画】ドルトムント時代の香川、今見てもやっぱり凄かった!!  選ばれたのは日本から3人、韓国から3人、イランから4人の計10人。日本人選手としては奥寺康彦氏と、現フランクフルトの長谷部誠、元ボルシア・ドルトムントの香川真司がリストに名を連ねた。  奥寺氏は1977年から1986年までケルンおよびブレーメンでプレーし、ケルンでは国内2冠も達成。「ドイツのトップリーグでプレーした初の日本人選手」であり、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)に出場したアジア初の選手であるとも紹介されている。  長谷部はヴォルフスブルク、ニュルンベルク、フランクフルトで計12年間を過ごし、36歳となった現在も活躍中。香川はドルトムントで計6年間プレーして2度のブンデスリーガ優勝などを達成した。  他には韓国からFWチャ・ブンクン、MFク・ジャチョル、FWソン・フンミンの3人。イランからはDFメフディ・マハダヴィキア、MFアシュカン・デジャガ、FWヴァヒド・ハシェミアン、FWアリ・ダエイがそれぞれ選ばれている。  AFC公式サイトでは10人の中からベストプレーヤーを選ぶオンライン投票も実施。だが特にイランから熱心なユーザーが投票を行っているようで、現時点で2万票あまりの投票のうち8割以上がイランの選手たちに集中している。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】