Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナに感染した妊婦の分娩はどうなるのか...慶應病院産婦人科医に聞いてみた

配信

FNNプライムオンライン

増加傾向にある新型コロナウイルス感染者のニュースを毎日注視しながら、妊娠中の私はとにかく感染しないように必死だった。しかし無症状の感染者が多いことを考えると、気づいていないだけで、自分も感染しているかもしれないと不安に…。もし分娩時に感染していた場合、どんな出産になるのか。陽性患者も、陽性患者と向き合った医療従事者も非常に精神的負荷がかかっている状況の中、慶應義塾大学病院産科の田中守教授が話してくださった。 出産後、ママは赤ちゃんを抱くことも許されないままコロナ病棟へ移動することに 慶應病院では、3月24日に他院から転院した患者にPCR検査をしたところ、無症状の陽性者であると判明し、院内感染が確認された。また初期研修医の集団感染もあり、4月6日から、出産のため入院する妊婦も含めて、新しく入院する患者全員にPCR検査をすることになった。 妊婦には、陰性なら普通に出産となるが、陽性なら感染防御の観点から帝王切開することを説明し、納得してもらった上で検査を実施した。 田中教授は、当時を「院内感染の症例から初期研修医の感染が立て続けに発生し、気づいた時には、強烈な感染力」だったと振り返る。「妊婦は普段から気をつけているから大丈夫だろうと思っていたが、4月に2人の無症状の陽性妊婦が出てしまい、本人もびっくりしただろうが、医師らも晴天の霹靂」だったそうだ。

陰圧の分娩室なんて日本にない!今一番正確な検査がPCR検査

田中教授は早い段階から海外の医師らにコロナ対策の話を聞いていて、中には陽性妊婦はお産の際にいきんだり声が出たりして空気感染の恐れがあるため、陰圧(室内の空気が外に出ていかない特別な換気システム)分娩室での出産が推奨されている地域もあったそうだ。ただ、そういう地域は過去にSARSなどが流行したため、それに対しての備えで陰圧分娩室があることが多く、残念ながら陰圧の分娩室がある病院は日本ではほぼないとのこと。 ちなみに慶應病院でも陰圧の手術室はあっても、分娩室は陽圧換気。例えば、陽性妊婦が通常の分娩室で経膣分娩した場合、空気は循環しているのでウイルスが病棟中に広まる可能性があり、対応したスタッフだけでなく、他の入院患者や新生児も感染してしまう恐れがあるという。 現状では、「陽性妊婦が分娩中に叫んだ場合、どれだけ感染させるか」と言ったデータはなく、経腟分娩による母子感染のリスクがどれだけあるかは分かっていないが、不確定要素をできるだけ排除し、コロナフリーの状態で安心して出産してもらうためには、陽性妊婦の出産は無菌的に新生児を取り出せる帝王切開にせざるを得ないと、慶應病院では判断した。 また、集団感染が起きたダイヤモンドプリンセス号の船内で、トイレ周辺からよくウイルスが検出されたことにも触れ、経膣分娩だと陽性妊婦の外陰部などにもウイルスがいる可能性があると指摘する。 PCR検査は実際は感染していないのに陽性反応が出る偽陽性の可能性も指摘されているが、田中教授は「どんな検査でも偽陽性も偽陰性もあり、ゼロにはできない。ご指摘も承知しているが、今一番正確と言われている検査がこれしかなく、他にいい方法がない」と話す。医師たちも苦渋の選択のようだ。

【関連記事】