Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武井壮、YouTubeをはじめたキッカケとは? 「番組に呼んでもらえるようなメニュー作りをしたかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月14日(月)の放送は、タレント・武井 壮さんがゲストに登場。YouTubeチャンネルの紹介や、無人島でのサバイバル知識について語ってくれました。

坂本:武井 壮さんは抜群の身体能力の持ち主で、超肉体派のアスリートタレントです。2018年に開催された「世界マスターズ陸上」の男子4×100メートルリレーで優勝されています。YouTubeチャンネル「武井壮百獣の王国」も話題になっていますね。 武井:ありがとうございます! 最近はけっこう戦っていますね。 坂本:RIZINバンタム級王者の朝倉 海さんとパンチングマシーン対決をされていましたね。あとは女装をされていたり、ひたすらおしゃべりをしていたり、いろんなことに挑戦されています。YouTubeをはじめるキッカケは何だったのでしょうか? 武井:外出自粛期間の影響で、テレビがリモート出演やお休みになったので、「自分で考えたエンターテインメントを少しずつ発信していきたい」と思うようになりました。あと、今って面白い企画が浮かんだとしてもタイムリーに人気番組に呼ばれるわけでもないんですよ。なので、番組の1コーナーという感覚で映像を作って、ショーケースのように展開したかったんです。「武井さんってやっぱり面白いね」って思われて番組に呼んでもらえるようなメニュー作りをしたかったんです。そういう思いでYouTubeをはじめました。 坂本:いろんな引き出しがありますもんね。 武井:アーティストさんで言うところのアルバムみたいな感覚だと思いますね。 坂本:豪華なアルバムですね。 (中略) 坂本:質問です。無人島に1つだけ持っていけるとしたら、何を持って行きますか? 武井:陸からどれぐらい離れているかで物が変わってきますね。陸から何キロぐらい離れている設定ですか? 坂本:(笑)。陸が見えないレベルです。 武井:絶海の孤島ってやつですね。ズルい答えですけど、自転車タイプの漕げるボートです。 坂本:おおー! 武井:無人島生活に飽きたら脱出するっていう方向性です。 坂本:では、無人島で暮らすとしたら何を持って行きますか? 武井:無人島で1番大変なことって、火がないことなんですよ。逆に言えば、火さえあればだいたいのことが大丈夫になります。僕はサバイバルを何度もやっているので火の重要性を理解しています。 坂本:暖をとるのと、ご飯を作るのと、動物を寄せつけなくするとかですかね? 武井:あと、煮沸です。絶海の孤島だと川がないから、海の水を煮沸させて塩を抜かないといけないんです。水がないと人ってすぐ死んじゃいますからね。リアルな話、人は火があれば余裕で暮らせます。 坂本:そうなのかあ! 武井:オイルがたくさん入っているライターみたいな、火が点けられるものさえあれば、俺だったら5年は生存できますよ。 坂本:マジですか! 武井:無人島に持っていく物として、ナイフを挙げる人がいるじゃないですか。たしかにナイフも大事ですよ? だけど火を点けられなかったら食事ができないので。もし海のものを食べられたとしても、水が飲めないから終わりです。飲み水の確保が雨頼りになりますからね。 坂本:すごく大事なことを教えていただきました。 武井:棒をシャカシャカさせて火を起こすやつ、あれって現実では無理ですからね。 坂本:摩擦で火を起こすことは無理なんですか!? 武井:湿気が多いから、無人島ではほぼ無理な話ですよ。ハワイぐらい乾燥した土地じゃないと。 坂本:すごく現実的! もはや体験談ですよね(笑)。 武井:そうです。仮想の話ではなく、実話です。 坂本:行くとしたら、じゃないよね。行っているもんね(笑)。無人島で何よりも大切なことは、火であることを覚えておきます。ありがとうございます! (TOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」9月14日(月)放送より)

【関連記事】