Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鷹・千賀、7日楽天戦で今季初先発! 首位叩きへ前倒し復帰「気持ち昂っている」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

右前腕部の張りから復帰「パフォーマンスについての不安はないですね」

■ソフトバンク – 楽天(7日・PayPayドーム)  ソフトバンクのエース千賀滉大投手が7日の楽天戦(PayPayドーム)で今季初先発する。右前腕部の張りなどで開幕を2軍で迎えた千賀は、6月20日と26日に2軍戦で登板。当初はもう1試合2軍で登板する予定だったが、千賀本人の状態もいいと判断されて前倒しでの1軍復帰となった。 【動画】ファンが「落差えっぐ」「エグすぎて笑えん」と驚愕した鷹石川のパワーカーブ映像  7日から始まる首位・楽天との6連戦。その大事なカード頭を託されたのは千賀だった。6日に本拠地PayPayドームで行われた投手練習に参加。久々の本拠地グラウンドに出るや「へぇ、こんなになってるんだ」と、さまざまに飾られた“無観客仕様”のスタンドを見渡してひと言。アップやキャッチボールのあとマウンドに向かうと、傾斜の感触を確かめるように捕手を中腰にさせて、ひと通りの球種を投げた。  練習後、千賀は「気持ちは昂っていますし、体調は悪くないです。無観客(の公式戦)という初めての状況をマウンドでどう感じるのかが、楽しみでもあり不安でもありますが、パフォーマンスについての不安はないですね」と、自身の“開幕”に向けての心境を語った。自主練習からここまでの期間について「いろいろなことを試すことができました。フォームも何通りも試せたし、出遅れが無駄にならないようにしていきたい」という。  自主練習中のオンライン取材時には、オフから取り組んできたフォームについて「去年の自分が“千賀A”だとしたら“千賀B”というくらい違う」と語っていた千賀。その“千賀B”の完成度を問われると「いや、Bは今の僕には合わなかったです」としたうえで、「ABくらいですかね(笑)。去年のダメだったところを見つめ直しながらやれましたし、うまく『いいとこどり』を目指しながらやってきたので、あとは試合でどれだけ出せるかですね」と、7日の登板に向けて胸を躍らせている。  今季最初の相手は、リーグで断トツの93得点をたたき出している楽天打線。特に浅村はリーグトップの7本塁打、22打点を記録し、打率.351はリーグ3位だ。「浅村さんには何も思わないです、凄すぎて。浅村さん以外にも気をつけないといけない打者が8人いるわけですから、強いチームですよ」と千賀。それでも「ただやられないように、気持ちを入れながら向かっていきたい」と意気込んだ。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

【関連記事】