Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セカオワのグローバル・プロジェクト「End of the World」 海外アーティストとのコラボはどう決まる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

End of the Worldの名義でグローバル・プロジェクトを展開するSEKAI NO OWARI。7月には新曲『Over ft. Gabrielle Aplin (R3HAB Remix)』を発表した。 メンバーのNakajinが、J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)に出演。別名義で活動する意味を語った。オンエアは8月16日(日)。

巨大樹がある! シェアハウスの地下スタジオ

この日Nakajinは、メンバーが共同生活を送る「セカオワハウス」の地下にあるスタジオからリモート出演。クリスはNakajinの背景に広がる光景に注目した。 クリス:後ろに木がありますね。 Nakajin:見えてますか? クリス:見える見える。その木は本物なんですか? Nakajin:作りものです(笑)。 クリス:かっこいい、SEKAI NO OWARIのセットみたいな木ですね。 Nakajin:そうですね。この巨大樹が天井をブチ抜いているみたいな感じになっています。ラジオではお見せできないのでアレなんですが(笑)。 クリス:やっぱり凝ってますね! ラジオもやっぱり映像をつけないとダメだな。 Nakajin:ラジオじゃなくなっちゃう(笑)。ここで制作をしたり、みんなでセッションをしたりしています。このコロナ禍でレコーディングスタジオとかも使えなくなっちゃったので、このスタジオをビルドアップして、本番のレコーディングで使えるようにしようといろいろなものを買い揃えて、より本格的なスタジオとして運用し始めた感じです。 クリス:練習とかデモとかを作ったりするところだったけど、本格的な仕上げまでいけちゃうみたいな感じになってきたと。 Nakajin:もう本格的に使ってます。実際にリリースした曲で、ここで録った音もガンガン使っていますね。 クリス:そういう世の中ですよね。 Nakajin:そうしている人はけっこう多いですよね。 クリス:コロナ禍というのは当然、とてつもなく大変な思いをしているけれども、大変だからこそ知恵を絞ってというか、可能なアイデアを使ったり、どんどんこれも超えていく。みんなが頑張っているのがすごく表れているような気がします。かっこよくて雰囲気がありますよね。ここにいたらアイデアがバンバン出てきそうな感じがします。 Nakajin:メンバーでいるとなんかリラックスしちゃって、たまにすごくダレちゃうときもあるんですけれども(笑)。 クリス:それもいいんじゃないですか、チルタイム(ゆったりと落ち着く時間)も必要でしょう。 Nakajin:普通のスタジオではなかなか味わえない雰囲気にはなりますね。

【関連記事】