Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>除菌電解水の給水器、志木市が全小中学校に配置 ドアノブや配膳などの除菌に活用

配信

埼玉新聞

 埼玉県の志木市は28日、6月1日からの学校再開を控え、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、除菌電解水給水器を市内の全小、中学校と健康増進センターに配置する、と発表した。 <新型コロナ>水道料金を6カ月間50%減額 志木市、全世帯に5月から 児童に3万円の追加給付も

 同電解水は除菌用アルコールの代用として、ドアノブや手すり、配膳などの除菌ができる。市によると、県内の自治体で小、中学校に同給水器を配置するのは珍しいという。  配置する同給水器は高さ36センチ、幅26・5センチ、奥行き14・5センチで、1台約50万円。食塩水や希塩酸を電気分解して生成される除菌効果のある水で、洗浄や除菌用として幅広く活用されている。同市では各校の保健室に配置し、遮光性のボトルに入れて各教室で使用する。  また、市はマスク不足などに対応するため、不織布マスク計11万5千枚(約630万円)を購入し、うち3万5千枚を全小、中学校に配布する一方、8万枚を感染症拡大の第2波に備えて備蓄する。  市は「除菌電解水給水器はインフルエンザにも有効で、小、中学校は災害時の避難所になっており、幅広いメリットが期待できる」と話している。

【関連記事】